« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月30日 (日)

今年を納める

トライアスロンクラブ 三好SATCのイベント

泳ぎ納め 100m×108本(3時間泳) に参加。

泳いだコースは1分50秒サークル、20本に1回1分の休憩を入れて3時間、100m×96本を泳ぎ通すことができて、びっくり。

思ったよりもあっさり終わり、ほっ。

 

実はイベント1時間前、緊張していて口数は減るわ、指先が冷えるわ・・・でガチガチ。

「そんな心配することないって。気持ちよく泳げばいいじゃん」と言われ、いくらかほぐれたけれど、笑った顔は引きつっていたかも。

泳ぎ始めたら、緊張がどうの、とか一気に吹き飛び。

 

それにしても、このイベントと12月の一ヶ月間スイムマラソンのおかげで距離や本数をきちんと数えるようになった。

数えることが必ずしもいいこととは限らない(追いつめられたりもする)けれど、自信にもつながるんだなぁ、と実感。

うまくコントロールして数を自信にしていけたらいいね。

 

続いて、しゃぶしゃぶ食べ放題の忘年会。

じゃんけんで勝ったらプレゼント、で、見事にほとんど1回戦負け。

まれに進んで2回戦。

いいもーん、じゃんけん弱くてもビンゴでは早々に揃って商品、ゲット!

また今年の新人賞に選んでいただき三好SAポロシャツ、ゲット!

51.5kmとミドルデビューして完走したことが実を結んだよう。

完走できたのも日頃、教えてくださるコーチ、一緒に練習してくれる仲間、応援してくださる方のおかげッス、ありがとうございます☆

 

そして・・・命を助けてくれた主治医の先生と支えてくれている家族に感謝。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月28日 (金)

贅沢気分で おほほのほ

所属しているトライアスロンクラブ:三好SATCでは、12月30日に “泳ぎ納め100m×108本” というイベントが。

午前・午後練習 1日トータルで10km泳いだことはあるけれど、連続して10kmを泳いだことがなくて、たのしみだけどちょっと不安。

スイミングスクールが年末年始の休館日に入ったということで、仕事後に日本ガイシアリーナのプールへ。

 

日本ガイシアリーナのプール(レインボープール)は50mプール。

50mプールを泳ぐと往復回数が減る分100mを短く感じるけれど、壁を蹴る回数が減るからか、25mでは楽々なサークルで回ってもきっつーい。

それにしても50mプールってどこか贅沢な気分に浸りながら泳げるのよね、へっへー。

水曜日もここへ泳ぎに来たけれど、こうして50mプールに慣れたら25mプールで泳ぐ時、短く、楽に感じられるかなぁ。

 

泳ぎ納め、泳ぎ切るぞー!!

 

・・・この間の段戸山ヒルクライムのタイム(48分11秒)をよーく見たらベストじゃなかった。

7月に48分08秒を出していた、な~んだ、そうだったんだ。

いいもーん、今度、登る時はもっと速く登っちゃうもんね~。

 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

満員御礼 完売です

「最後、ダンシングしながら登っているところ、かっこよかったよ」

コモリンに褒められ、やったー!!

かっこいい、と言われてみたい、とずっと思っていたから、すんごいうれしい。

 

そんな今年最後の段戸山ヒルクライム。

ベストタイムを更新、やったね☆

ロードバイクに乗ったのも先週土曜日に乗ったのが1ヶ月ぶりくらいで、今日でしょ。

まだまだ、ベストタイムを更新する自信、ありまっせ。

だけど次の段戸山ヒルクライムは来年3月くらい?になるのかな。

それまでにもっと力をつけて、ベストタイムを大幅に更新しちゃうもんねー。

 

帰り道はしんどかったぁ。

「足が売り切れた」って、こういうことなのね。

 

満員御礼、完売です。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月22日 (土)

夢が目標に変わるとき

「おりちゃん、おめでとう!!

宮古島トライアスロン大会の選考、通ったね」

朝のスイムセッション前に、じとーさんよりお祝いの言葉が。

 

「えっ?ほんとですか?

ってか、何で知っているんですか?」

喜びよりも驚きの方が大きくて、信じられない気持ちで聞くと

「HPに載っていたよ」とのこと。

「ほんとですか?」を連発して、やっとじわ~んと喜びが。

教えてくださり、ありがとうございます☆

 

喜びの次にやってきたのが “夢が目標になった” という実感。

17歳くらいの頃、トライアスロンという競技を知った時から トライアスロン=宮古島 という図式がずーっと頭の中にあったんだ。

たまたまトライアスロン雑誌を買った時の特集が宮古島トライアスロンだったんだよね。

その頃はオリンピックディスタンスが51.5km、これをショートと呼ぶ、とか全然知らなかった。

まぁ、トライアスロンにショート、ミドル、ロングと距離によって呼び名があることを知ったのもここ1年くらいだけど。

 

トライアスロンを始めよう!と思った4年前(血液がんになる直前)からの夢は

“いつか宮古島トライアスロンに出ること”

 

スイム:3.2km、バイク:155km、ラン:42.195kmの宮古島トライアスロン大会。

出るのは、はるか先だろうなぁ、と思っていたけれど、実際に今年の宮古島大会へ応援を兼ねて「夢の大会の雰囲気って、ゴールって、どんなんだろ?」行って見てみると

“1年後は必ずこの大会のスタートラインに立つんだ”

という気持ちがムクムク。

帰りの飛行機を降りたところで初出場された、SAZENさんやoshimaさんよりお話を伺い励まされ、隣にいたてっぺーさんへ向かって出た言葉は「来年、私も出ますっ」

 

トライアスロン大会 これまでの出場履歴というと

長良川スプリント25.5km(06’10)→長良川国際51.5km(07’08)→いぜな88km(07’10)→長良川スプリント25.5km(07’10)

と、実績があまりないのよね。

宮古島大会の選考には実績とスイムのタイムが重要視される、と三好SATCのメンバーさんから聞いて実績カバーのためにも、申込用紙にLove Letter(宮古島大会への熱き想い?!)を添えて送ったところ、それが功を奏したのかどうかはわからないけれど参加への切符を頂けることに。

 

わーい、夢が目標になった☆

 

・・・冷静に考えてみると、時間内に完走は難しいかもしれない。

たとえ制限時間に間に合わなかったとしても、必ずゴールを目指そうと思う。

そりゃあ、完走したいよ、できれば制限時間の14時間以内に。

でもね、スタートラインに立てるだけでしあわせって気持ちを忘れずにいよう。

あとは、お楽しみだから♪

 

夢が目標となった今、私が目指すことは 「元気にスタートラインに立つこと」

まずはスタートラインに立てなきゃ、その先はないからね。

結果はついてくるものと信じて、体調とケガに気をつけていこう。

放っておくと私の場合、必要以上に追い込んで焦っちゃって逆に空回りしそう。

このくらいの心構えでいるつもりだけど、いつの間にか顔がひきつっているかもしれない・・・。

てっぺーさんからのアドバイス 「じっくり コツコツと」 を言い聞かせていこう☆

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

ご乗車できませんので、ご注意を

朝のスイムセッションの帰りに、ロッカーの鍵を返そうとフロントへ行くと会員カードと間違えたのか、ユリカ(名古屋市交通局のプリペイドカード)をロッカーナンバーのケースに入っているのを発見!

え~っ、誰だろ?

 

よく見ると・・・私だった・・・あはは・・・

 

天然ボケなの、うふっ♪という程度なら、まだ可愛げがあるけれど、マジボケは日常生活に支障をきたして救いようがなく、時に辛い。

 

この間もお財布を忘れてレジに並んで 「あっ、すいません、取りやめにしてください」

お財布に300円しかないことに気付かず 「あっ、すいません、牛乳だけでお願いします」

 

マジボケは、困る。

一人で笑って、一人でツッコミを入れ、その場を去る。

でも、笑いを狙うと、なぜかスベる。

 

そんなわけで、一人ツッコミしながら血液内科診察へ。

この間、いぜな88トライアスロンで新聞に載ったところをコピーして主治医の先生に渡したら、病棟に掲示してくださっている、とのことで、照れちゃうけどうれしい。

「治療が終わって、3年半経つんだね」と、先生から言われて、うーん、時間が経つのは早い。

ちょうど4年前の今頃に抗がん剤治療を始めたんだよなぁ。

あれから4年か、なんだ、まだ生きてるじゃん。

普段はこうして振り返ることも少なくなって、あの頃感じていた “ご飯を普通に食べれることの幸せ” とか “朝、目が覚めて「あ、まだ生きてた」という実感” とか、忘れて、ブーブー文句言ったり、欲にはきりがないし、贅沢になってる。

まぁ、それが生きていく原動力となっているのかもしれないけれど。

 

最近、思う。

正直、治療が終わっても、そんなに長生きできないだろうな、と勝手に思っていたところがあって行き当たりばったり、その場がよければそれでよし!やりたいことは全部やっておかなきゃ、と焦っていた。

ん?待てよ、もしかしたらこのまま、何事もなかったかのように普通に生きていくのかもしれない、と思い始めたんだよね。

そしたらさ、今までの行き当たりばったりな生き方じゃ、ヤバイじゃん。

真剣にこれから先のことを考えようと思う、このごろ。

 

お昼からは小雨の降る中、バイクセッション。

昭和の森の中の640mほどの周回コースをぐるぐる50周。

(抜かされまくったのでたぶん、私は40周くらいかな)

普段の練習では、そんなに何回も速い人たちを間近で見ることはないから、抜かされるたびに「何が違うんだろう?」と、じーっと見てた。

上り坂で、私はよいしょ、よいしょ、は~、どっこいしょ、って感じ。

速い人たちは回転数もパワーも違う。

スーッときれいに走っていく。

くーっ、かっこいいなぁ。

自分の練習そっちのけで、見とれていると後ろから「ガニ股になってるよ」との声が。

あっちゃー。

 

久しぶりに泳いだりバイクに乗ったりして、水をつかむ感覚やバイクに乗る姿勢とかぐちゃぐちゃだったけれど、たのしかったから、それでよしってことで☆

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

復活・・・だといいな

今日からやっと出社。

久しぶりに外を歩いた、足がつらなくて、ホッ。

 

いつから泳いでいいのかな?

明日から走っても大丈夫かな?

あ~、きっと、走ろうとしてもウォーキングになりそう。

 

焦った分、いっぺんにどーんとやってしまいそうで、自分のことながら心配。

抑え目くらいがちょうどいいんだよね←言い聞かせ

 

・・・にしても、何日も食べられなかったのに体重がまったく減らず。

点滴でパンパンになってるのかなぁ、じゃあ、そのうちしぼむかな。

体重が減っても、それは筋肉君が落っこちたんだろうから、むー、うれしくないっか。

 

今日は比較的暖かくて、復活一日め、いいスタートになりそう☆

出社すると・・・机の上がてんこ盛り・・・

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

4泊5日

先週木曜日からついさっきまで、近所の病院で入院していました、がびーん。

退院したけれど、まだお腹がゴロゴロ。

ご飯が食べられるようになったから、いくらかはまし、かなぁ。

 

先週月曜日に胃腸風邪らしきものになり水曜日まで会社をお休み。

木曜日に会社へ行くと、お昼あたりから熱が上がってきちゃって早退。

家に帰ると38℃、診察終了時間スレスレに慌てて病院へ駆け込むと「これだけ続いていると入院した方がいい」と、マジかよ~、そのまま入院へ。

1日点滴で帰れる・・・はずが、嘔吐・下痢が止まらなくて、食べられるようになるまで入院に。

 

あー、もうやだ。

寝疲れてきたよ、でもまだ、しんどい。

胃腸くん、頼むよ~。

 

久しぶりに歩いたら、足がつった。

びっくり、しゃがんで笑うしかなかったよ(泣)

 

昭和村ハーフマラソンは見送ることにして3月初めにある、長島リバーサイドハーフマラソンに出ることにしました。

あずきさん、あずきジュニア、一緒にスタートできなくて残念、ごめんなさい・・・。

ってか、長島も走りませんか??

 

入院中も “ランナーズ” や “トライアスロンJapan” を読んでイメージトレーニングだけはバッチリなんだけどな。

 

お願い、早く治って、胃腸くん。

 

このごろ、テレビを見ていて感じる。

あ~、もう年の瀬なのね。

歌番組をハシゴしていて思う。

EXILE、かっこいいな~♪

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

続・焦りんぐ

明日の朝から走るぞ!

と、ジャージやランシャツを枕元に置いて眠って4時間後。

気持ち悪くて目が覚めた。

ここからが悪夢の始まり・・・

 

もうっ、上から下から、止まらなーい。

出すもの、何もないのに~、と、フラフラになりながら朝1番で病院へ。

待っている間も何度もお手洗いへ。

水を飲んでも戻してしまうので、怖くて水も飲めず。

結局、吐き気止めと水分補給を混ぜた点滴を打ってもらい、眠っていると今度は熱!

38.6℃の表示を見て、びっくり。

こんな数字、久しぶりに見た。

会社へお休みの電話を入れると「しっかり治してから出勤してください」と所長さんが言ってくださり、ホッ。

先週「忙しくなってくるし、これからは体調に気をつけないと」と話していた最中に即、倒れて情けないやら・・・でゴメンナサイ。

 

あ~、なかなか練習を開始できないよぉ。

 

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »