« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月28日 (月)

4年前へ

気がついたら。

親サイトである “Muchas Gracias おりちゃんのサイト” 開設して4年。

まずは・・・訪れてくださり、ありがとうございます。

気分屋的更新ですが、これからもよろしくお願いします☆

 

わー、4年かぁ、時間が経つのは早い。

振り返ってみようと思っても、忘れていることが多いような。

 

確か作っていた頃は、ちょうど治療が始まって2ヶ月経ったくらい。

薬の副作用が意外に強烈パンチで、何回もノックアウトされたっけ。

一気に薬を入れると、それこそ死んでしまうので、少しずつ入れては回復を待って、また入れて・・・の繰り返し。

薬って悪い細胞もやっつけてくれるけれど、いい細胞もやっつけてくれちゃう。

 

治療が始まった頃は、まだ動けるのもあってか 「よし、やってやろうじゃん」 って気合十分だけど、気合入れっぱなしも疲れてくるし、だんだんと戻りが悪くなって思うように動けなくて、寝たままになると、驚くほどマイナス思考。

時間が経てばまた、動けるようになる、とは聞いても、望みを持って叶えられなかったら、むなしいよ・・・と、果てしなくどよーん。

 

と、言いつつも 「このまま寝たら、もう目が覚めないかも」 と、どん底にいるような気分だったときも、エンタの神様とか見て、大声で笑っていたし。

笑っておかなきゃ、たのしんでおかなきゃ、このまま死んだら死んでも死に切れん!と思っていたところもあったし。

ずっとどよーんとしていた訳ではなかったのかな。

うーん、ものすごくバランスを上手く取るのが難しかったんだろうね。

 

そこから、どうやって這い上がってきたのが、自分でもよくわかんない。

っていうか、未だにバランス取るの、下手っぴだし。

 

治療中もしんどかったけれど、どちらかと言うと、治療後の方がしんどい気がする。

それはただ単に時間が長い、からかもしれないけれど。

正直、ここまで長生きするとは思わないところもあったんだよね。

再発や二次がんになるんだろうな、とびくびくしているけれど、あれ?案外、なーんもない。

 

血液のがんって、数値で測れないところがあるらしく、5年間何もなかったら、治ったとみなす、というあいまいな感じ。

そして完治、ではなく、完解、という言葉を使うって聞いた覚えが。

完解には完全と部分があって、私は脾臓、肝臓、リンパなどが腫れたまんまなので、部分完解だった気がする。

ま~、何も起きていないから、どっちでもいいっか。

あれだけ気になっていた、完解についてや5年生存率の数字など、びっくり!すっかり忘れてる。

「数字を越える力があるはず!」と拳を突き上げていたはずが、そのこと自体を忘れるなんて・・・。

それが時間の魔法、というものなのかな。

幸か不幸か?ただ物忘れが激しいだけかもしれない、たはは・・・。

 

でも、時々思い出し 「死ぬの、怖いっ」 と枕を涙で濡らす夜もあったり、なかったり。

 

よーく考えてみると、忘れていたり意識していないだけで、タイムリミットは必ずある。

じゃ、意識させてくれるだけ、しあわせなのかもしれないね。

生きてるぞー!って、もし病気しなかったら、今ほどありがたく感じられなかっただろうし、しんどいこともあるけれど、よろこびも今ほど深く感じられなかったはず。

 

しんどいなぁ、と思うのも、生きているからこそ、味わえる。

もちろん、たのしいなぁ、と思うのも。

 

限りある時間の中で、自分が何を大切にしていきたいか。

「いつかやろう」と思っていても、その「いつか」は、やってこないかもしれない。

じゃあ、今すぐやれば、いいじゃない。

状況や環境、周りのせいにしちゃうのは、なんだかもったいないよ。

 

ちっちゃなしあわせをポツポツ積み上げて、大きなしあわせになっていく。

どんなときも、笑うことを忘れないで。

どんなときでも、笑えることを忘れないで。

今すぐ、笑えなくても、笑えるときはちゃんとくるよ。

その力は生まれたときから、誰でも持っているものだから、大丈夫。

生きている限り、大丈夫。

 

何もできない、なんて落ち込まないで。

ここにいること、できてるじゃん。

生きること、できてるでしょう。

気がつかないだけ、どこかで誰かの力になってるよ。

だから、自信持って、大丈夫。

 

生きていてくれて、ありがとう。

 

4年前のわたしへ。

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

どっちがおめでとう?

三好町駅伝大会 三好SATC太陽 第4区 1.7km。

 

たすきを受け取ってから、気持ちゆっくりめに走り始めた。

ペース配分も何もないかもしれないけれど、勢いで突っ込んでいくと失速しそうだったのもあって、ゆっくり→気持ちよく→ダッシュの三段階に分けて走ってみた。

そう言えば、二年前、この駅伝でこのコースを走った時、走れることがうれしくてしょうがなかったっけ。

ぼんやりこうして走れることに感謝、だよなぁ、と思い出していると沿道の応援が響いて、すっごくうれしかった。

 

夜、トライアスロンクラブメンバー、司馬さんの誕生日会を3人で。

それぞれが一品ずつ料理を作る、となり、司馬さんのカルパッチョに歓声。

こちらがお祝いされている気分に。

cake shop Nishimuraのお誕生日ケーキ、フルーツタルトがとってもおいしかった☆

Image025

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土)

欲がムクムク

「今からそんなにがんばっていたら、疲れちゃうよ」

 

がんばり過ぎに気をつけていたのに、インターバル練習などがんばれなくなっちゃって、悩んでいたこのごろ。

かと言って、休憩するのも衰えそうで怖い。

そんな雰囲気を察してか、スイム&ランセッションの時、Oさんが声をかけてくださった。

がんばっているつもりはないんだけど・・・どこかでがんばっちゃってるのかな。

参加できればいい、と思っていたのが 「完走したい」 という欲が出てきて、そうなると不安がすごく大きくなっちゃって。

わーん、どうしたらいいんだろ。

 

「がんばらなくていいんだよ。長い距離なんだから。」

Oさんは毎朝、3kmをゆっくり走っているんだって。

そうか、何でもいいから毎日続ければ自信になるかな。

私も走る、って言いたいところだけど、あんまり大きなことは続けられそうにないないから・・・。

よし、筋トレとストレッチを必ず毎日するぞっ。

 

「最近、練習がしんどくて、がんばれないよ~」とひろみん達にも相談。

すると 「休むのも大切だよ」 と、栄養のことなどについてもアドバイス。

一人で悩んでいてもグルグルするだけだったから、助かったよ、ありがとう☆

 

お昼からのバイクセッションでは寒さにも関わらず、久しぶりに大人数。

いつもは一人で走るところが、今日は風が強いところではあずきさんの後ろにぴったりくっついて、ドラフティングしつつパワー回復。

最後の上り坂で前へ出る、とエグいことして、ゴメンナサイ。

 

普段、気づかなかったけれど、ずいぶんバイクが速くなったかな。

あと、ズルい技も・・・にひひっ。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

Knock Down!

うー、進まない。

ランセッションが終わって、スイムセッションに入った時、アップ一本目で失速。

お腹が空き過ぎて、力が出ないよぉ。

 

おかしいな、ランの前におにぎりも食べたし、ゼリーも飲んだのに。

完全にハンガーノック。

泳いでいても頭に浮かぶのは食べ物ばかり。

途中で上がって帰ろうかと何度も思ったけれど、結局、休みつつ練習の最後まで参加、へろへろ。

 

夜、練習があるときの食事の摂り方って、いまいちどうしたら心地よいのか、わかんない。

練習直前に食べても、リバースしそうだし、かと言って練習終わって帰る時間が10時近くになる時は、寝る直前なのに食べると胃がもたれそうだし、太りそうでもあるし・・・でも、お腹は空いているし・・・。

どうしたらいいんだろ?

ま~、毎日のことじゃなくて週2日のことだから、適当でもいいっか、とも思うけれど、ハンガーノックは辛し。

 

これからは夕方にこそっとおにぎりを食べて、練習ちょっと前にゼリー、で、試してみようかな。

ただ、練習後、夜遅くても食べてもいいのか、どうなんだろう?

疲れた身体には栄養が必要だと思うけれど、胃のことを考えると寝る前に食べるのはやめた方がいい気もするし。

 

うーん。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

思いがけない展開に

「おりちゃん、三番手だからファイト」

ん?

後ろを振り向くと・・・えぇ~っ、誰もいない。

 

バイクセッションのメニューの一つ、4人1組 3チームでのタイムトライアルでのこと。

4人の内、1人は犠牲にしてもいいので、三番手を引っ張って3人一緒にゴールすること、というルール。

 

陸(バイク、ラン)では、練習についていくのに必死、底辺を彷徨っている私。

 

当然、犠牲になるのは私だろうな、でも、途中のコンビニ辺りまで何とかチームのみんなにくっついて行こう。

そこからはのんびり行こう、だからコンビにまではがんばろう、と決めて走っていた。

平地はずいぶんついていけるようになってきたけれど、上りになるとペースが落ちちゃう。

犠牲にしてくれてもいいから、ペース上げてゴールを目指して~っ、と思っていたら、チームのみんなもコンビニまでは一緒に、と思ってくれたのか、私に合わせてくれた。

その気持ちに応えるぞ!とついていったら、コンビニあたりで他の2チームに追いつかれ、気がついたら大集団に。

 

うぉーっ。

チームの先頭に追いつかないと、でも他のチームも混ざってる、わー、どうしよう?

よく訳がわからないまま走っていると、他のチームのひろみんが 「後ろについて」 と助け舟。

ありがと、ひろみん。

ん~、ここまでよくがんばった、と一人満足、ペースを落とそうとすると 「おりちゃん、三番手だから」 とコーチに言われ、こんな展開のはずじゃなかった・・・。

 

同じチームの二人の後ろにくっついて、達成感バリバリのゴール。

こうしてチームタイムトライアルはがんばったような印象だけど、練習始めの個人タイムトライアルではのんび~り走って恒例のダントツドベっち。

「一人だとスピードが上がんないなぁ。

どこかしら冬は景色がさびしいのもあって、根性練習っぽい雰囲気が出てくるね。

夏だったら川に入りたくてしょうがないのに、今は見ているだけで寒いよ。

じゃ、見なきゃいいじゃん。

あれっ、溝の水が凍ってる。っていうか、今日は雪が降るんじゃなかったの?

練習ないと思って、昨日、バイク自主練したのに。

目覚まし掛けるの忘れて、集合8時なのに7時に起きて、びっくり!だったわー。」

たぶん昨日、今日でがんばったことは・・・昼寝からちゃんと起きて練習へ行ったことと、今朝、遅刻覚悟で練習に来たこと、だね。

 

本日のバイク走行距離は100kmくらい。

バイク練習後、この間シーポのおじさんが教えてくれた宮古島完走の秘訣の一つ 「バイクに乗った後はちょっとでもいいから走ること」 を思い出して、3kmジョギング。

 

バイクに乗った後に走ろうとすると変な感覚。

元々前に進んでいる感じがしないのが、さらに前に進んでいかない。

1kmくらい走ると、やっと 「走っている」 感覚が出てくるかな。

バイク→ランの練習を何回もすると、その感覚が出てくるまでの距離が短くなるんだってさ。

 

この週末の練習を乗り切ることができて、また自信になったかな。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

お米にはまって さぁ大変?

無事に練習をこなすことができて、やった~!!

 

<本日のメニュー>

朝6時半~8時 スイムセッション:2.5km

8時半~10時 ランセッション:15km

お昼寝 30分

午後からは6人でバイク、昭和の森から小渡の山を登って帰ってくるコース:50km

 

1日で3種目を練習できるくらい体力がついたことが、うれしいな☆

 

練習量が増えてきたこの頃、気をつけていることは “がんばらないこと”

 

今までガーッと一気にがんばったり、時には無理もしちゃって、体調を崩したり故障したりして練習ができなくなったことが何回もある。

3歩進んで4歩下がる、ってことはもう、いやだよ。

がんばり過ぎると続かないし、苦痛になったらそれこそ寂しいからさ。

と、いうことで、がんばらない、無理しない、気持ちよくいこう。

一応、気をつけているけれど、時々は、ね、がんばりどころも入れていいよね。

 

アパートに戻り、さっそく晩ご飯。

久しぶり、と言えば、アパートに戻ること自体も久しぶり。

年末あたりから実家で生活することが多くなったのもあって、アパートを引き払うことに。

そんなに荷物はないとは思うけれど、いざ運ぼうと考えると結構あるかも。

何から手をつけよう・・・と考えつつ、カレーを作っていると炊飯器からいい匂いが。

 

そう、最近までご飯よりパン派、だったのが、ご飯、大好き!に。

練習していても、これまでは 「よもぎ餅、チーズケーキが食べた~い」だったのが 「お米が恋しい」 へと心変わり。

ダイエットの文字が頭にチラついて炭水化物を減らそうと、お米よりもおかずの割合が多かったのが、お米でお米を食べる感じ。

白米、発芽米、玄米、どれも好きだけど、酢飯が一番。

ご飯に酢をかけて食べることも、しばしば。

半熟卵かけご飯や納豆+卵かけご飯も、いいね。

 

お米にはまった、ダイエットとは逆行!?

ま~、身体が快適に動ければ、いいってことで、へへっ。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木)

たのしく 笑えたら それがよろこび

「この歳になってから水泳を始めるなんて、しかも水着になるなんて・・・と思っていたけれど、やってみようと思って」

 

“この歳になってから” ←全く泳げなくても60歳過ぎから始めた方もみえるよ。

“水着になるなんて” ←誰も気にしていないから、大丈夫。私にしてみれば、水着よりあなたが着ているエアロビクスのレオタードの方がよっぽど恥ずかしいと思うんだけど・・・。

 

「水着、買ってきちゃった」

見せてもらうと、きれいな色。

ウエアや水着、きれいな色や明るい色だと気持ちも明るくなる気がするのは私だけ?

今度水着を買うときは、お母さんの水着みたいに明るい色にしてみようかな。

 

それにしても、あれだけお父さんが誘っても 「水着になるのは、ねぇ。それにエアロビクスの方がたのしい」 と言ってガンコとして泳ごうとしなかったのに、なぜ?

しかも誘われてから1,2ヶ月は経ってるじゃん、このタイムラグは何?

 

お父さんに 「プールプログラムに参加してみる、とお母さんが言っているよ」 と伝えると、びっくりしていたのと、不思議がっていたのと混じった反応。

 

代わってお父さんは着実にトライアスロンデビューへ向かってるご様子。

「3種目あるから、大変だと思っていたけれど、3種目あるから “今日は腰が痛いから、泳ごう” “天気がいいから自転車に乗ろう” と選べるから、いいなぁ。

それに今まで知らなかった世界(水泳)を知ることができて、世界が広がった。」とたのしそう。

「コーチにこう言われて、意識してみたら楽に泳げるようになった」 とエアーギターならぬ、エアースイムを披露してくれる。

そういうことを聞くと 「こう言ったら、わかりやすいんだ」 「そこを意識すると変わるんだ」 など、逆に教えられることも。

 

ちょくちょく、どうやったら泳げる?と聞かれるけれど、気がついたら泳げるようになっていたのかな、うまく答えられないことが多くて、力不足を感じていたんだよね。

自分ができるのと、教えるのとでは、別のものなんだろうね、きっと。

 

できない気持ちがわかることって、すごく大切なことなんだなぁ、とお父さんのエアースイムを見ていて思う。

私自身も、うまくバイクに乗れなくても、走るフォームがぐにゃぐにゃでも、その分いろんなコツをつかみやすいのかもしれない、ぐふふ。

上手くなるのに時間はかかるかもしれないし、簡単にできるようになったらいいなって思うけれど、凸凹ぶつかってもいいんじゃなーい?

その過程をたのしんでるんだから♪

 

母は明日、スイミングデビュー。

できなくてもいいじゃん、できるようになればいいんだもん。

例え、できなかったとしても 「あ~、たのしかったな」 と少しでも感じられて 「また泳ぎたいな」 とプールをちょっとでも好きになってもらえたなら、それ以上の喜びはないよ。

たのしんできてちょ☆

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

チャリンコ通勤

2,3ヶ月ぶりに自転車通勤をしたら、前より10分くらい早く着いて、驚き。

前と変わったことは、オール車道を走ったこと、かな。

通勤時間に車道を走るのは、心苦しいところがあるけれど、歩道は歩道で人がいっぱい歩いているところもあったり、建物から人がぱっと出てきたりして怖い。

どちらもどっち、怖くて危ない。

事故にあったら、それこそ元も子もないので気をつけたいもの。

 

できれば通勤ランニングをしていきたいなぁ。

来週あたり、やってみようかな。

 

夜、昨日のスイムセッションで教えてもらった2ビートの練習。

2ビートというと今まで教えてもらったことと反対に動いていたから、泳いでいると沈んでいくのよ~。

適当に泳いで、浮かんで帰宅。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日)

行きます

さっぶーい。

風、強ーい。

 

初参加の猿投山 トレイルラン。

ふもとから頂上へ登り、向こう側へ下りお寺へ行って帰ってくるコース。

 

よーい、スタート!

開始3分、まだ登山口までたどり着いていない時点で早くも集団から落ち。

「1時間半経ったところで、コースを折り返しておいで」とコーチが言ってくれて、マイペース。

去年の秋、歩いて登った時「トレイルラン練習は、ここを走って登って下るのか、すごいなぁ」と思っていた。

走る、と言ってもゆっくりだし、辛いところは歩いちゃったけれど、あの頃よりは体力がついた感じ、むふふ♪

 

猿投山の向こう側へ降りたところまで行きたかったけれど、残念、タイムアップ。

引き返そうとすると斜面が急に見えてきて 「無事に帰れるかな?」

 

下りで早くも先頭3人に抜かれ、そのスピードにびっくり。

ぴょーんぴょんと滑らかに降りていって、あっという間に背中が見えなくなった。

ひょえ~、すごいっ!!

 

途中ですれ違った登山のおじさん方などから「がんばってね」と励まされ。

3時間とちょっとで戻ってきた。

いつかは猿投山の向こう側のお寺まで行って帰ってきたいなぁ。

 

お昼ご飯を食べていると眠くてしょうがなくなってきて、バイク練習ができるか不安に。

出発してみると・・・集団から離れてポッツン、一人。

何とかかんとか、周回コースのスタート地点へ。

 

1周目、2周目とだんだんキツくなってきた。

「3周目、止めておく?」 と聞かれ 「やめます」 と答えたけれど、2周目を一緒に走ってくれたタケちゃんの 「行ってきます」 という力が入った声を聞いて 「やめるの、やめます」

 

ずーっと前を走ってくれて風よけをしてくれたタケちゃん、ありがとう★

おかげでバイク練習を乗り切れたよ。

 

これでまた宮古島完走に一歩近づいたぞ。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

ぱくぱく金魚

今日のスイムセッション、ランセッションはタイム計測だった。

 

まずはスイム、200m自由形。

100mを過ぎたあたりだったかな、あれっ?息が吸えなくなった。

去年のマスターズ大会の時と同じ感じがして、一度止まってから続けて泳ごうと思ったけど、あ~、無理だ、途中棄権。

だけど、フジさんやひろみん、和ちゃんに「このままじゃ、計るのが怖くなるよ」と背中を押してもらい、コーチにお願いしてもう一度泳ぐことに。

ベストを出そう!とか考えず、ただ泳ぎきることだけを考えて泳いだら、苦しくなく泳げてよかったぁ。

フジさん、ひろみん、和ちゃん、ありがとね☆

うーん、変に追い込み過ぎ、気合を入れ過ぎなのかな・・・ぱくぱく金魚、空気が吸えない。

 

続いて、三好池1周 4.2km ランニング タイム計測。

タイムはドベっちだったけど、たのしく走れたから ○ ってことで。

あんまり苦しくないし、もうちょいペースを上げて何とか和ちゃんに追いつくぞー!とペースを上げようとしたけれど、上がんないの(笑)

たくさん時間がかかってゴールしたけれど、その分、これからの縮みっぷりがたのしみ♪

 

天気が不安定のため、午後からのバイクセッションは明日の猿投山トレイルランの後に。

帰ってから昼寝をして、おやつにはホットケーキ。

それからトライアスロンショップ:ガスティへタイヤ交換のやり方を教えてもらいに行った。

 

教えてもらう、と言っても、手取り足取り、ではなく、基本は放置。

思いつくまま(一応、考えながら)試行錯誤していると「二つのものが重なってはまっている時、どうしたら楽に外れると思う?」などと横からヒントが飛んでくる。

何分かかったんだろう、ヒントを頼りにやっとホイールからタイヤを外して交換。

二回目をやってみると、あらら、今度はすんなり外してはめることができた。

考えてやってみることで、しっかり身についた気がする。

教えてくださり、ありがとうございます☆

 

タイヤ交換を覚えようと思ったのは、一人でロングライドをしてみたい!と思ったから。

だいたい「誰かが何とか助けてくれる」の人まかせでこれまできたから、それじゃダメだと一発奮起。

これで一人ロングライドへ行けるかな~。

あとは勇気があれば、だね。 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金)

チャリ・DE・浜名湖

浜名湖サイクル・ツーリング チャリ・DE・浜名湖 へ応募ハガキを出した。

先着順で1300名の定員だけど、毎年、すぐ定員に達して締め切られるみたい。

今年はお父さんと参加することに

参加通知が来るといいなぁ。

 

2ヶ月前に水着をプレゼントしたことをきっかけに近所のスポーツクラブへ通い泳ぎ、通勤バイク、通勤ランもし始めた、お父さん。

仕事から帰ってくるなりテレビを見ながら晩酌の日々から一転。

スーツもブカブカになってきた模様。

高血圧も改善、ストレスも上手に解消できているみたい。

レースうんぬんもあるけれど、毎日をたのしく、気持ちよく過ごせることや身体の調子がよくなったことが一番大切なことだと思う。

 

で、好きこそものの上手なれ、ってことで。

やっぱりたのしくなかったら、続かない。

苦しい、辛い中にも達成感だったり、何かたのしみがあるから、続けられるよね。

いつも一人で自転車に乗っているお父さん。

人と一緒に走ったり、サイクルイベントに参加することで自転車をもっと好きになってもらえたら、いいなぁ、ということで今回の大会にお誘い。

お誘いに乗ってくれてよかったよ。

 

あとは、参加通知が送られてくることと当日晴れることを祈って。

 

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

ウキウキ気分♪で

ラン練習で400mトラックの直線部分を流し(プチダッシュみたいなもの?)を入れて走ったときのこと。

走るのは得意じゃない中でも苦手なのが、この流しや短距離ダッシュ。

この練習になると「やだなぁ」と思っていたけれど、今日、またたびコーチに走り方を教えてもらいながらやっているうちにたのしくなってきた。

最後にまたたびコーチが「ついてくるんだよ」と隣で引っ張ってくれて“絶対、ついていく!”と走るとついて行けたのは最初のうちだけだったけど「がんばってついてこれたね」と言ってもらえて “へへへ、走るの、たのしいかも”

なかなか練習についていけなくて、これまでは辛いラン練習だったけれど、これからはちょっとはウキウキ気分♪で参加できそう。

 

あと三ヶ月でどれくらい走れるようになるか、たのしみ☆

今は遅くても、その分、タイムを縮められたり、今はフォームがめちゃんこでも格好良くなっていくのがよくわかって、伸びしろいっぱいでたのしみもいっぱいかも?!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 9日 (水)

重力は友達

仕事始めの月曜日から朝の通勤の時、歩けるところまで歩いてから電車に乗ったり、手前の駅で電車を降りて歩いたり・・・と通勤ウォーキング。

そのうち、ジョギングも混ぜてみたいけれど、ま~、ここは焦らない。

じっくりとトレーニングをするためのトレーニング、をしよう♪

 

筋力がないから、と笑ってごまかしてきたけれど、笑っていても筋力はつかなーい。

コーチから教えてもらったモモの前側強化筋トレ(別名:ヒンディースクワット、だっけ?肩幅くらいに足を広げて膝がつま先から前へ出ないように曲げる、を繰り返すもの)を寝る前に音楽を聴きながら、やってます。

 

陸に上がると、なんでこんなにしんどいんだろ。

ドカーンと重力を感じる。

でもこのごろは、この重力が味方になっている気がする。

何の味方かよくわかんないけど、なんとなく。

「ボールは友達」じゃないけど「重力は友達」と思えるほど、耐えられる力をつけたいね。

今はまだ、vs重力でケンカしてるのもあって、しんどいんだろうなぁ。

 

悲しいことに重力と共にお正月太りも感じるよ、ぐっすん。

月へ行って体重計に乗りたい。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

初夢

1月1日から2日にかけて見る夢。

今年は何の夢かな~?と期待して寝る間もなく普段通り、のび太君もびっくり!な速さで寝付いた昨夜。

朝、目が覚めて 「なんでここにいるんだろう?」

あっ、そうか、スノボに来ていたんだ。

夢でもスノボしていたっけ・・・あ、今日見た夢って初夢じゃん。

ごく普通の夢だったね。

今年は夢のように 「ごく普通」 な年になるといいなぁ。

 

さて、起きあがろうとすると、いったーい。

身体のあらゆるところが痛い。

普段、筋肉痛にならないような腕や手の平の筋肉が痛い。

なんでー?腹筋が痛くて、起きあがれない。

スノボって、脚を使うんだよね?

「コケまくってるから、コケる時と起きあがるときに使っているんだよ」と言われ、なるほど。

って、納得している場合じゃない。

今日は滑れるのかな~、だるいよ。

 

朝ご飯を頂いていると、ゆきちゃんのおじさんが「経験を若い人に伝えていかないと」とお話をしてくださった。

「失敗してつまづいたら、落ちるところまでおちればいいんだよ。

でも起きあがるときには、何かをつかんで起きあがるんだ。

必ず力になっていくからね。」

「何かマイナスなことが起こっても、とらえ方次第でプラスに変えることができる。

そうやってとらえ方を変えていくことができれば、たのしくなるよ」

「人の為、と書いて偽り。

人のためにしていることは、自分のためにしていること。

だから人に“~してあげる”というのは、自分のためにしていることなんだよ。」

他にもいっぱいメモしたくなることがあったのに、忘れちゃったよー。

 

と、2時間ほどお話したところで、出発。

「出発が遅くなっちゃったね。でもこれも何かにつながっていくんだよ、わはは」

ゆきちゃんはどうかわかんないけれど、私としては、遅くなってよかった。

もう今日は滑らなくても満足、というほど、身体がずっしり重い。

 

いざスキー場へ着いて一本目を滑ると 「もう少し滑ろうかな」

滑っているともっと上手になりたいなぁ、と滑る気力が湧いてきた。

しかーし、気力・体力共に長くは続かず、ギブアップ。

早めに切り上げ、片倉温泉へ。

 

この温泉、入ってびっくり。

作りが明治っぽいイメージ。

中に入ると、さらに明治度がアップ。

洋風と和風が混ざっていて、ここはどこでしょう?って感じ。

お風呂がまた不思議。

浴槽周りは3段くらいの段になっていて真ん中には千人が立って入れるように、と深くなっていた。

そして、真っ黒い石が敷いてあって 「なぜ、石が?」

 

温かいお風呂と冷たいシャワーを繰り返して、血行促進、疲労回復。

お風呂上がりにはお決まりの牛乳瓶に入った牛乳を一気飲み。

 

明日はゆっくり帰ることになりそう。

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます

これまでもお世話になりました。

訪れてくださり、ありがとうございます。

更新が不定期ですが、これからもよろしくおねがいします。

 

~2008年の目標~

・元気で笑うこと、感謝の気持ちを忘れないこと

・フレッシュな状態で宮古島トライアスロンのスタートに立つこと

 

初日の出を車山高原スキー場へ向かう車の中から見た。

初日の出をまじまじと見るのは、ひょっとして初めてかもしれない。

朝焼けで空がきれいに染まって、山の間から太陽が出てきた姿はまさに、初日の出っぽくて感動。

 

元旦早々初滑り、人生3回目のスノーボード。

滑ったのは3年前で「どうやって板を履くんだっけ?」から始まった。

びびり&へっぴり腰でのターンで、初心者用コースを往復。

 

また明日も滑る予定だけど、体力がもつかな?

木の葉で滑り過ぎて、すでにモモの前が筋肉痛。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »