« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月26日 (火)

悩めっ

「これから先、どうしよう?」

やや下を見ながらポツリとつぶやくと、すかさず、お母さん。

「悩めっ。

考えてもすぐ答えが見つかるわけじゃないんだから。

悩んだまんまでいいんだよ。

そのうち見つかるから、見つかったときは自然に進めるから。」

 

そうか。

答えが見つからない、はっきりしない状態というのはモヤモヤしていて、早く何とかしたい、と思いがち。

悩んだままでいいんだ、と開き直ったら、ずいぶん楽になってきたような。

 

「でも、これから先のことを考えようとすると、再発とかしちゃってさ、入院、なんてことになったら、それまでしてきたことが無駄になる気が未だにして。」

それでもまだ、斜め下を見ながら続けると

「じゃあ、宮古島トライアスロンに出たい!と思ってから、そういうことを考えてやめよう、と思ったこと、ある?」

 

ううん、ない。

途中でまた治療することになっても、その後また目指せばいいと思っていたから、もしダメになったとしても少しでも体力をつけておこうと思って、これまでやってきた。

そうか、途中でダメになっても、またやればいいんだ。

あら、いやだ、都合の悪いときだけ、病気のせいにしているぞ。

 

先を長~く考えることは、やっぱり苦手なままだけど、どうにかできるのは目の前のことなので、とりあえずは今やっていることをきちんとしようっと。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

すんごい顔

2月のマラソン大会は雪とセット?

 

向かう途中からうっすら雪が。

駐車場から会場までつるつる滑りながら歩き,受付で,あれっ?いとこ(同い歳)を発見!

後ろから,わっと飛びつくと「なんでいるの~?」とすっとんきょうな声。

いやいや,なー君こそ,なんでいるの~?

訊くとバスケットボールチームで走ることになったみたい。

「じゃ,また見かけたら声を掛けてね」

アップをして10kmの部のスタートラインへ。

 

ゆっくりめで走ったつもりが1kmラップ,5分を切っていた。

うひょっ,このままいくぞ,としばらく走っていると,いとこらしき後ろ姿が。

えっ,うそ。

負けたくな~い!と必死にくっついて行ったものの7km地点あたりで,胃の横が痛くなり失速。

 

「ラスト2,3kmを踏ん張れたら,宮古島トライアスロン大会にも生きてくるんとちゃいますかね」

スタートでの司馬さんからの言葉を思い出し,なんとかスピードアップをしようとするものの,進まない。

そこへゲストランナーの有森さんが 「がんばれーっ,あと少し」と大きな声で励ましてくれて,うれしさと苦しさとごちゃまぜになって半泣きになりながら走っていると,今度はゴール直前でイトさんからの応援をもらい,ダッシュ。

 

ベストタイムまで,あと2分ちょっと。

51分04秒。

去年5月の若狭マラソンより4分速い。

うん,まだまだ,伸ばせる。

もっと速く走れるようになりたいな。

 

そうそう,いとこだと思って必死に追っかけていたけれど,人違い。

「かおちゃん,すんごい顔して走っていたから,折り返しですれ違う時,声を掛けられなかったよ」

いとこ談。

な~んだ,勘違いしていたけれど,結果的にはよかったのかなぁ,ちゃんちゃん。

 

帰り道,コモリンおすすめのおいしいカレーうどん屋さんと温泉に立ち寄り,大満足。

さて,来週はハーフマラソンだっ。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

ゴールは待ってる

「それ、ハンガーノックだよ」

えっ、ハンガーノックって、突然来るんだ。

これまでも「お腹が空いて力が出ないよう」ということは何回かあったけれど、じんわーり着ていたから、驚き。

 

トライアスロンショップの店長さんとプロトライアスリートのI氏と話をしていると、先週日曜日の突然の失速は、どうやら食べる量が足りなかったよう。

二人に言われて気がついた。

前は走行中もきちんと補給したり、まめに水分を取っていたけれど、最近バイクに慣れてきたのもあって、走りに夢中になってしまい、補給をないがしろにしていたところ、ある。

 

なんだ~、そうだったのか。

てっきり、オーバーワークで心身ともに疲労困憊、かと。

一週間、練習を休むこと、なかったかも・・・と思ったけれど、やっぱりこのお休みは必要だったかな。

 

この頃、練習をすることが辛かった。

完走できるか、の不安がすごーく強くて、意識はしていないんだけど、やらなきゃ、と追い込んだり、きちんとメニューをこなさないと、とたのしめなくて。

休むのも怖かったけれど「休むのも練習」とのてっぺーさんやひろみんのアドバイスを思い出し、思い切って休んでみたら、今朝のスイムセッションがたのしく感じられたんだ。

 

それに家に帰ると、両親が「ここまで泳げるようになった」 「コーチにこうやって教えてもらった」 とエアースイムを披露してくれるのも、泳ぐことはたのしい、という気持ちを思い出させてくれた。

 

I氏には、去年、宮古島トライアスロンへ出る、と決めてから、悩みを話したりアドバイスをもらったりしていて、難しく考えてしまうところをちょっと視点を変えれば、こうも考えられるよ、ということを教えてくれるので、行き詰ったときにとても救われている。

今日話している中で、そうなんだ!という一言は

 

「ゴールは逃げていかない。そこへ向かっていくだけ」

 

タイムを気にしていると、頭の中でゴールが移動していく。

このペースで行くとあと、○○分でゴール、あっ、ペースダウンするかも・・・+2分後にゴールかな、などといった具合に。

そうか、ゴールは動かないんだ。

ゴールは待っている、それに向かっていくだけ。

前へ進めば進むほど、ゴールが近づいてくるんだね。

 

明日の犬山マラソン、10kmはゴールに向かっていくことを感じながら走ろう。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

気になるお店へ行ってみ隊

偶然、接骨院で一緒になった司馬さん、ゆきちゃんと三人で司馬さんがずっと気になっていた、という洋食屋さんへ。

 

一見、居酒屋さんのように見える。

赤い暖簾がかかった、お店←名前を忘れちゃった

 

“忙しいときにはできないオムライス”

メニュー名に魅かれてオーダー。

ふわふわ卵にデミグラスソースが、たまらなくおいしい。

 

去年、こちらへ転勤してきた司馬さん、あまり多くを語らないゆきちゃん、地元なのに詳しくない私、で、これから気になるお店巡りをしよう、ということに。

次は、どこへ行きましょう?

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

オーバードライブ

日曜日のこともあって、練習に行きたくなくなっちゃって。

今週はお休み週間にしよっと。

 

マンガ “オーバードライブ” にハマってる。

主人公がかわいくて、一緒に熱くなれる?ので、おもしろい。

これを読んでいると、さらに実際のロードレースを見たくなる。

いろんなスポーツがある中、特に自転車選手はかっこいい!!と感じるこの頃。

今年はプロロードレースを見に行くぞっ。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

26歳のハローワーク

「これから進む道によって、おおかた生き方が決まってくるよ。

そりゃあ、何歳になっても別の道へ進むことはできるけれど、難しくなってくるのは事実。

ちょうど姉ちゃんくらい、25歳から30歳あたりの時期って悩む人、多い。

別に焦ることはないから、じっくり考えてみたら?」

24歳の弟は言う。

 

んー、そうか。

まさに行き当たりばったりで、ここまできた感じは否めない。

ファイトだ、姉ちゃん。

 

それにしても、1年以上ぶりに焼肉を食べた。

ユッケを生まれて初めて食べてみたところ、あれ、お刺身みたいな味がするんだね。

 

しっかり(ちゃっかり)者の弟は、明日、今度は中国へ発つ。

くれぐれも食べ物には気をつけて、身体を大切に。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

進めない

もう、だめだ、進めない。

気合、根性、そんなの何の役にも立たない。

とりあえず、ここ、危ないから、歩道に座ろう。

 

びっくりした。

バイクで走っていたら、突然、失速。

そして、気がついたらペダルから脚を外して、ボーッと立ってた。

 

リドピー(自転車の名前)と歩道に座っていると、通りがかったチームメイトが声をかけてくれて「なんだか、オーバーワークみたいです。適当に戻りますので、みなさんに会ったら伝えてください」と返すと、またボケーっと座っていた。

 

どうしよう、とも思わず、全く、なにも考えが出てこない。

 

すると、一旦通りがかった二人のサイクリストがまた戻ってきて「大丈夫ですか?」と声を掛けてくださり、一緒に昭和の森辺りまで走ってくれることになった。

聞くとお二人は長久手にあるサイクルショップ、KAZEのメンバーさん。

一人ではどうすることもできなかったので、とっても助かりました!!

ありがとうございます☆

 

オーバーワークなのかなぁ、うーん、なんだろ?

すごく身体が重たい。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

しゃくり上げの2周め

朝、スイム、ランセッションに参加して、お昼からバイクセッション。

土曜日のバイクセッションは、約13kmの周回コースを3周する。

 

2周目に入ると、集団のペースが速くて、ついていくのもままならず。

集団から離れてしまうと風の抵抗をそのまま受けるので、多少辛くても集団にくっついて行った方が一人で走るよりは楽に走れる。

なんとかダムのある登り坂までは、と食らいついていったものの、途中でちぎれて一人旅。

ちぎれる瞬間、ちらっとスピードメーターを見ると、時速42km。

くーっ、ついていけなかった。

 

くやしかったのと、風の抵抗がものすごくて全然進まなかったのと、で、涙ボロボロ、鼻水ズビズビでペダルを漕いでいた。

いつかは絶対、ついていってやる。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

初めて聴く

誘われて、名古屋フィルハーモニー交響団のバレンタインコンサートへ。

クラシックの生演奏を聴くのは、初めて。

 

演奏が始まると、さっそくイケメン君を発見!

じーっとその人ばかり見つめていた。

ちょっと視線をずらすとニコニコしながら演奏している方が。

今度はその方に夢中。

 

前から4列めで、全体はあまりよく見えなかったけれど、表情や動きを見ることができて、へ~っ、こうして楽器を弾くんだなぁ。

 

また聴きに行ってみたいものです。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

引越

昨日の4時間耐久マラソンの筋肉痛を引きずりながら、アパートから実家へ荷物運び。

物をすべて運び出すと、狭く感じていた部屋も広く見えて、どこかさびしい。

荷物を2階にある自分の部屋へ運んでいると弟が部屋から出てきた。

あっ、そうだった、昨日の夜、オーストラリアから帰ってきたんだっけ。

あなたの話も聴きたいけれど、まずは、この荷物を何とかしないと。

う~、筋肉痛、階段がキツーイ。

なんとかかんとか荷物を運び込み、引越終了。

もともと住居に思い入れがない、というのか、インテリアに凝ったり部屋を飾ったりしないのもあり、荷物は少ない方だと思っていたけれど、こうやってみると物はあるものねぇ。

さて、これらをどういたしましょうか?

引越や片付けって、パワーがいるね。

ほとんど手伝ってもらっておいて言うのも、なんですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

走れるんだ

朝、起きると太陽、ぴかーん。

道路を見ると雪がほんのり、んー、いや、結構積もってるぞ。

 

4時間耐久マラソン大会へ向かう途中の国道で中央分離帯へ突っ込んでいる車を数台、目撃。

三好池の周りは、大丈夫かな?走れるかな?

 

心配をよそに池の周りはスタッフの方が除雪してくださったのもあり、走れる状態に。

4時間は長い、ゆっくり歩いてスタート。

 

2時間経ったところで、もう少しペースを上げられそうな感触。

ペースアップをしていくと・・・7周目、30kmを過ぎたあたりで脚がどーんと重たくなってきた。

3時間45分までに周回カウントラインを超えれば、その1周はカウントされる、というルールを思い出し、時計を見るとひょっとしたら9周目に突入できるかもしれない、何とか間に合いたい!!

でも脚は重くてなかなか、ペースアップできず。

 

「3時間45分まで、あと40秒」

ラストの直線コースで猛ダッシュしたものの、間に合わず。

くやしい・・・と思わずボロッと涙だったけれど、去年の宮古島トライアスロンを完走されたSAZENさんが「これで宮古島、完走できるよ」とゴールで握手してくださって、達成感と自信が湧いてきた。

と、同時に筋肉痛もやってきた、イテテテテ

 

もー、脚が痛くて、普通に歩けない。

「後ろ向きで歩くといいよ」と聞き、後ろ向きで歩いて戻っていった。

こりゃ、9周目に間に合っても、まともに走れなかっただろうなぁ、ははっ。

 

しんどいけれど、この頃、走るのがたのしい。

 

ついこの間、お父さんから「走れない、遅いって、思い込んでいるんじゃない?

病気だったから、と思っていたり、周りにいる人がすごく速かったりして、気持ちが引いているところがあると思うなぁ」と言われ、そんなことないよ、と返したけれど、よーく考えてみると、うん、やっぱりあるわ。

“私、遅いから”としょっちゅう口にしちゃってるし。

泳ぐのも走るのも、治療後は特にダッシュするのが怖くて、インターバルトレーニングは勝手にビルドアップ、ディセンディング(だんだんペースを上げていく)になってしまう。

なんでダッシュするのが怖いのか、一本目から思い切りいけないのか、自分でもわからないけれど・・・とりあえず、自信を持てるようになりたいな~。

と、いうことで。

 

「私は、走れるんだ」と心の中でつぶやきながら走ることにしたら、気持ちよく走れるようになってきた。

“私、遅いもん”とイジケ虫でウジウジだと、いつまでたっても遅いままな気がして。

思い込みなら、自由。

どうせ走るなら気持ちよく走りたい。

それに速い、遅いって、何かと比べているから感じるわけで。

確かに練習メニューはこなせないし、ついていけないけれど、走れているからそれでよし。

一目で「あっ、おりちゃんが走ってる!」とわかる素晴らしいフォームだけど(笑)

 

そんなわけで、考え方をちょこっと変えたら、走るのがたのしくなってきた。

力がついてきて、だんだん走れるようになってきたから、というのもあるね。

コーチ達に感謝☆

 

走りながらも応援してくださった方、ありがとうございます。

「宮古島のゴールまであと少し」などと声を掛けてくださると、完走する自信がついてきます、ありがとうございます☆

 

また一歩、宮古島のゴールに近づいたね。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

バリバリ

「大会に向けて練習してるの?」

「はいっ、バリバリっす」

 

血液内科の主治医の先生に訊かれ、勢いよく返事した後、恥ずかしくなって照れ笑い、てへへ。

 

「宮古島で大会だなんて、結構お金かかるでしょ。

血液内科病棟へ行って、カンパを集めたら?」

って先生、本気にしていいの? ここは流すところ??

 

今度の診察は大会ちょっと前。

 

アレルギーの薬をもらい、帰ろうとすると雪が。

ぱらっと降るだけかと思いきや、あれよあれよと言う間に積雪3センチ←目分量

 

アパートの荷物を運ぶ予定だったのに・・・。

一人暮らしをやめて、実家へ戻ることに決めたんだ。

こりゃ、明後日、一気に運ぶとしましょうかねぇ。

 

それよりも、まず明日の4時間耐久マラソンが無事に行われるのか、が心配。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

大きい器

今週はトライアスロンクラブの練習がお休み。

よーし、自主練だ!と、いうことで、ゆっくり2時間ジョギング。

 

LSD、ゆっくり長~く走ることをしているとランニングの器が大きくなるみたい。

同じスピード練習をしても、器が大きい方が力を積み上げやすいんだって。

(同じ量の水を入れた時、小さい器だとこぼれちゃうでしょ)

むむーん、日曜日の4時間マラソンに向けて、いい感じ♪

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

まねっこ

朝のスイム、ランセッションに参加して、お昼からはバイクセッション。

今日のメニューは、10kmバイク→1kmランを5セット。

 

バイクに乗った後、走ろうとすると 「ちゃんと走れているの?」 といった変な感じ。

しばらく走ると、普段の感覚に近い感じで進める。

トレーニングによって、変な感覚から普段の感覚に近い感じになるまでが早くなるんだって。

 

途中、たまたま前をコーチがバイクで走っていて、バイクに乗ったままシューズを脱ぐ、という技を盗もうと、真似をしてみたら・・・できたっ。

走りながらバイクシューズを脱いだり、履いたりできるようになると、トランジションのタイム(着替えたり、バイクを取ったり置いたりするところ)が短くなるし、バイクシューズの裏が凸凹していて歩きにくいのもあって、はだしの方が歩きやすい、など、いいことが。

 

もう一度、シューズ脱ぎに挑戦。

今度は一人。

すると、脱いでからペダルを回してしまって、シューズが地面に引っかかり、バイクごと浮いてしまって、ぎゃーっ。

そうか、脱いだらシューズの上に足を乗せるんだ。

 

練習しようと思っても、怖くてできなかったけれど、真似をするとすんなりできたりするんだね。

ペダリングも真似をしようとじーっと見ているんだけど、速くて行ってしまうよー、まってー。

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

へっくしょん

月曜から鼻の奥の方が痛くて、声もどこかくぐもっていた。

「風邪かな?」と思い、葛根湯を一気飲みするわ、首にタオル巻いて寝るわ、練習休むわ・・・としてきたけれど、一向によくならず。

 

「それ、花粉症じゃないの?」と、お父さん。

か、花粉症? 1月なのに?

 

と、いうことで、耳鼻科へ行くと、やっぱり花粉症みたい。

な~んだ、今週一週間、休んで損した~っと思うところが、疲れがかなり溜まっていたみたいで、ちょうどいい休憩になってよかったかなぁ、と思い直し。

 

薬を飲んだら、一気に症状緩和。

それにしても1月から花粉が飛んでいることに、びっくり!!

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »