« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月27日 (金)

にょっこり

ここのところの生活は。

 

朝起きて、30分くらい走って朝ご飯。

で、寝る。

お腹が空いて起きる、お昼ご飯。

また寝るか、ゴロゴロしながら本を読む、掃除や洗濯、ほんの少し。

にょっこり起き上がってランニング&スイムセッションへ。

 

と、寝る、食べる、走る、泳ぐ、ぐうたら、ほんのちょっぴりスパイシーな日々。

放っておくと、家から一歩も出ないこともあって。

そういえば、この間、このブログを読んでくれている友達から

「よく動いているよね」と言われて、びっくりした。

 

あっ、そうか。

動いた時のことをよく書くから、そういう印象になるのかな。

 

実際、動いている時以外は寝てばかりなのよ~ん。

それに普段はこんなに流暢に言葉なんか、出てこないから会話がちぐはぐになっちゃうことなんて、しょうっちゅうだし。

話すペースについていけなかったり、何を話しているのかわかんないこともある。

 

それもあってか、テレビもあんまり好きじゃない。

ボーッと見ることができなくて、すごく集中するか、つけていてもまったく見ないか、の、どちらかで、すごく疲れちゃう。

一方的なペースで情報が入ってくると、びびる。

だから自然と世界が狭くなるんだけど、まぁ、それでもこうしてやっていけているから、いいっか。

 

 

マイワールドで生きている気がして、外に出ないとなぁ、とかも思うけど。

いまいち、どうしたらいいのか、わかんないや。

 

で、なんでこんなことを書いたのかも、よくわかんない。

ただ、「そんな、しっかりしていないよ~」っていうことが言いたかったのかなぁ?

 

 

うっし~へ

元旦にくれたメール、さっき読みました。

ありがとう☆

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心と 頭と 体と

バランバランなんだよね。

 

「こうしたい!」と頭では考えて進もうとするんだけど、心は“無理だよ、それ”って意識できないところでつぶやいていて。

体は耳がよくないのか心のつぶやきは聞こえないらしくて、声の大きい頭の言うがままに動こうとするんだけど、ある時気付くの。

「あ、遠くのほうで聴こえていた心のつぶやきは、頭が言っていることと全然違うじゃないか」って。

そして体のバランスが崩れて、悲しくも初めて心と頭と体の想いが一致。

 

頭で「できるでしょ」とか「やらなきゃ」と、考えたりして行動を決めていくんだろうけれど、心の声を聴いてあげるのを忘れちゃうのよね~。

で、心の大逆襲がやってくる。

 

う~っ、また逆襲された。

でもやっと、わかった。

これまで「なんで、逆襲されるんだろう?」って、わかんなかったから。

 

心と 頭と 体と

声を聴いてあげましょう。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

前へ

三好SATC スイムセッション。

ここのところ,意識しているのは “前へ”

 

放っておくと脚の方へ重心がいっちゃって,ブレーキかけながらアクセル踏んでる泳ぎになっちゃうの。

だから,前へ。

 

それと,この間の4時間耐久マラソン大会でやっと身体が気付いた。

ブレーキかけながらアクセルを踏む走り,をしちゃってる。

ずっと前にコーチからも言われて頭ではわかったつもりでいたけれど,感覚としてよくわからなくて。

クロスカントリースキーで,後ろ体重になっていることに気付き始めて。

なるなる~,こういうことだったのね。

 

このごろは毎朝,ゆっくりだけど,あーだこーだ考えながら走ってみてる。

ほんと,私の走り方,まだひどいらしいのよね,うぷぷ。

 

めざせ!美脚な走り方。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

さんちゃんとのこと

「生きているだけでいいんですよ」

なーんで,こんなに真っ直ぐ言えるんだろう,この人は。

ずっと不思議だった。

 

リレーフォーライフ(RFL),どうして海外では盛り上がって広まっていくんだろう?

その訳は,海外と日本のトライアスロン大会の盛り上がり,広がりの違いと共通するところがあるんじゃないかな?と思って,海外トライアスロン大会への参加経験が多い,さんちゃんに話を聞いてみることに。

 

ひとしきり話をした後,さんちゃんがこう言ったんだよね。

「ハンディキャッパーを尊重する気持ち,の違いじゃないかな?」

 

「海外のトライアスロン大会で脚が動かないトライアスリートを見かけてね。

バイク,ランパート用の車イスで走り抜くんだよ。

中には義足を着けたトライアスリートもいて,スイム3.8km,バイク180km,ラン42.195kmを完走するんだよ。

がんを克服して自転車選手,ランス・アームストロングもツール・ド・フランスを連覇していてすごいよね。

また現役復帰するって,知ってた?」

 

うん,すごいよね,元気もらえるよね。

RFL芦屋へ参加して手形を押す時に下敷きになっていた新聞にランスの現役復帰の記事を見つけて,びっくりしたもん。

 

話の方向は

“お涙,頂戴,になるのはどうして?

元気づけられて明るい方向へ行けばいいのに” といったことに。

 

「知らないから,しょうがない部分もあると思うよ。

こういうことがありますよ,とまずは知らせていってみたらいいんじゃないかな?」と,さんちゃん。

そっか~。

 

こんな話をしてからしばらくして。

自転車のパーツを交換してくれる,ということでさんちゃんの家へ。

そこで,さんちゃんママから 「よかったら晩ご飯,食べていかない?」 とのお誘い。

ちゃっかり赤ワインまでごちそうになっていると。

突然

「生きているだけでいいのよ,命があればそれでいいの」と,さんちゃんママ。

思わず,涙がぼろぼろ。

「あの,実は私,5年くらい前に白血病みたいな血液のがんになったんです。

そういう言葉を聴くとうれしくて。

ごめんなさい,泣いていいですか?」と,わ~ん,鼻水ズビーン。

 

「実はね,私もサバイバーなのよ」とさんちゃんママ。

そして若くしてがんでこの世を去った方が周りにみえて。

数年前にさんちゃん自身が事故に遭った時,「命があれば,それでいい」と思ったこともお話ししてくださった。

 

“だから,さんちゃんも真っ直ぐ 「生きているだけでいい」 なんて言えるんだ”

 

私の中で,日々生活している時は病気のこととかって,どーでもいいことになってるのか,何なのか,よくわかんないけど,忘れてるわけ。

でもさ,こと恋愛,結婚,となると,相手があることだし,場合によっては周りも関係してくるでしょ。

そうするといきなり,劣等感がやってくるの。

あー,申し訳ない,とか,さ。

時が経つにつれて,そういう気持ちは薄まってはきてる気もするけれど。

ほら,私,がん以外にも日常生活が難しいところとかあったりするし。

まぁ,頭で考えたって動くのは身体だから。

どうなるのかは,動いてみないとわかんない,付き合ってみないとわかんないや。

 

ってことで,さんちゃん,よろしくね☆

 

あぁ,恋愛のことを書くときって,どうしてこうもザワザワ,もやもやするんだろーね。

ぐったり。

でも一方ではスッキリ。

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

赤い電車

「薬を増やして通う,という方法もあるけど・・・。

そこまで無理することもない気がするし,なぁ。」

 

1月入ってから通勤電車の中で気分が悪くなっちゃって会社へ行けない,ということが続いていて。

コリー先生(精神科)に相談したところ

「続けるために対処する方法はいくつかあると思うけれど。

出ている不調はもっと大きなものから身体を守ろうとしてるかもしれない,という説もあるんだよね。」

 

うーん。

せっかく始めた仕事だし。

どうしよう。

でも,正直しんどい。

 

は~っ,辞めることになりそうかも。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

きた,きた,きたーっ

やっばい,くしゃみが止まらないよ~ん。

でも,花粉症じゃないもん(アレルギーの薬を飲んでるけど,断じて認めなーい)

 

今日は4時間耐久マラソン大会に参加。

1周約4.3kmの三好池を7周,のんびり走った。

去年よりは楽に走れたみたいで,あ~,よかった。

大会後に三好SAスタッフが作ってくださった豚汁&豆から作ったというお汁粉がめちゃんこおいしかった,ごちそうさまでした♪

 

そうそう,結局,なーんも宣伝できず,でしたとさ。

 

あっ,RFL中部のHP入り口のみだけど,ざざっと作りました。

なるなる,自分のHPにリンクを貼ればいいんだ,ということにさっき気が付いた。

また意見ください。

みっちゃーん,写真とか,リンクボタンとか,作って~☆

 

私のHP,左下にある「中部テストページ」っていうところのリンクをポチッとすると見れるよ~。

アドレスはこちら→http://orichan.peewee.jp/

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

三好池4時間耐久マラソン大会で

宮古島トライアスロン大会の時に “リレーフォーライフ in 中部,来てね” って宣伝しても,日本全国いろんなところから選手がやってくるから,あんまり意味ない気がするなぁ。

リレーフォーライフは全国各地に広まりつつあるから,中部限定じゃなくて,リレーフォーライフという言葉を知ってもらうだけでも,何かの時に “どっかで聞いたこと,あるなぁ” くらいに思ってもらえたら・・・狙うはサブミナル効果。

 

あるランナーさんが言っていたんだよね。

「リレーフォーライフ,自分の好きなこと,走ることで他の人の力になれるなんてすごいことだよね」って。

 

あっ,そういえば。

今度の日曜日(2/15),いつもお世話になっている三好SAトライアスロン倶楽部主催でマラソン大会が。

 

4時間走り続けるのなら広告時間も4時間あるってことじゃん。

リレー・フォー・ライフを宣伝するいい機会!?

メッセージを布に書いて,背中に貼って走っちゃう?

 

でもさ,何て書いたらいいんだろ?

って,いうか,他の大会とかアウェーではまだやれそうだけど,ホームでこういうことするのは勇気がいるねぇ。

普段はがんの話,しないからね。

p>特にする必要もないし,っていうか,私自身が忘れてるしなぁ。

 

リレーフォーライフのこともあるけど,献血や骨髄バンクについても伝えていきたいっていう気持ちもある。

どうしたいんだ!?私。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

クロカンスキー大会 優勝

第32回 白馬五竜とおみクロスカントリースキー大会 3kmの部 優勝☆

 

と,書くと,すごーいけど,参加したカテゴリーにエントリーしたの,私だけだったんだ,ひゃひゃひゃ。

クロスカントリースキーを今年のお正月に始めて,練習2回目にして大会出場。

 

先週末,宮古島合宿で自転車,280km(3日間で)走って,泳いだりランニングした疲れが残っていたのもあって,大会に出ようかどうしようか迷っていたら。

昨日,エントリー表を見てびっくり。

完走したら優勝じゃ~ん♪

いきなり,やる気。

 

で,スタートは20秒間隔で,一人ずつ。

長野冬季パラリンピックで使われた会場,電光掲示板には名前が載るし 「№231 スタートしました」 などアナウンスも入って,本格的。

40分くらいかかるかも,と思っていたけれど,19分でゴールできて私も周りも驚き。

これで完全にはまりそう。

あぁ,ビギナーズラックばんざい。

 

ほんと,クロスカントリースキーを始めて,泳ぐのも自転車も走るのも,すんごい変わって速く楽に進めるようになったんだ。

身体の使い方,重心の運び方がわかるようになってきた・・・のかな?

クロスカントリースキー,お勧めよ~。

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年2月 7日 (土)

クロスカントリースキーへ行ってきます

今週は暇さえあれば,寝てました。

で,今からクロカンスキーへ行ってきます。

 

う~っ,なかなかコメントのお返事かけなくてごめんなさい・・・。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

9時消灯

今日は会社で何回,意識がなくなったことか・・・やっちゃったよ。

 

コーディング(プログラム組む,みたいな感じ,と書くとかっこよく聞こえるね)している最中に,はっと気付いてパソコンを覗いたら。

画面,真っ白。

エンターキーを無限に押してたみたい,あ~あ。

 

まぁ,こんなことはしょっちゅうなんだけどね。

納期には間に合わせるのでお許しを。

 

ってなわけで,今回の宮古島トライアスロン合宿での出来事とか書きたいところだけど,今夜は9時消灯。

また,そのうち書こうと思う。

 

コメントくださった方へ☆

ありがとうございます!!

すぐお返事したいところですが,じっくり書きたいのでもうちょっとお待ちください。

帰ってきて,このブログ見て,コメントを読んで,すんごいうれしかったです。

いっぱいのありがとうを込めて,おやすみなさい★

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

宮古島トライアスロン大会 出場

1/29(木) 宮古島合宿へ向かう那覇空港で,お母さんから連絡が。

「4月19日の宮古島トライアスロン大会,出場許可通知が来てるよ」

 

えっ?ほんと?

さらに,アイアンマン・ドイツ大会へのツアーが催行できなくなった,と旅行会社から連絡があったとのこと。

 

これって,偶然?って,思うくらい,ものすごいタイミングでいろんなことが起こって。

 

続きはまた,書きます。

やばい,会社,遅刻しちゃうよ~。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »