« 2010年2月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年3月

2010年3月30日 (火)

切り替え

宮古島トライアスロン大会まで、あと2週間ちょっと、というところで。

ドクターストップがかかりそうかもしれない。

たぶん・・・見送ることになりそうな。

気持ちの切り替えはできているから、大丈夫。

| | トラックバック (0)

2010年3月29日 (月)

彩る世界

昨日、3時間走って、バイクセミナー行って・・・の割りに身体があんまり疲れていないような。

(明日に、いや、もっと後に来るのかな~?)

 

このごろ感じているのは、体力がずいぶんついてきたなぁ、ということと。

「人間のカラダはすごい!」ということ。

 

6年前に化学治療(抗がん剤)と放射線治療が終わったんだ。

特に化学治療の後半は、寝返りを打つ度に頭から血が引くような感じがしたり、

移動も、のそりのそりとゆっくーり動くか、車イスを使わせてもらったときも。

 

そこから、こうして宮古島トライアスロン大会(計200.195km)を2回完走、

今年で3回目の挑戦、というところまで体力が回復・・・どころか、up!

 

免疫は、風邪のひきやすさとか感染しやすさはあるような気がするけれど。

 

人間のカラダの力はすごいな~、と。

 

私自身は単に、好きでしていることだからね。

体力をつけよう、って意識してないんだけどさ。

 

治療中は、もう二度と走る、泳ぐ、なんてできないと思った。

スポーツどころか、動けなくなっていく現実があったから、生に向かっているのか死に向かっているのか、わかんなくなってた。

そこから、こうして動けるようになるなんて・・・人間のカラダって、ヤワじゃないのね。

 

今、現在、苦しかったり、つらかったり、先を見られないなら、見なくていいと思う。

大丈夫、人間のカラダ、そんなにヤワじゃない。

ここをぐーっと耐えていこう。

大丈夫、世界はいろんな色でできているから。

ひとつの色だけかと思ったら、ほら、またひとつ違う色があるんだね。

 

探していこう、いろんな色を。

 

 

| | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

ザ・自転車☆革命

桜が咲いてきた三好池を3時間くらい、ぐるぐる走った後。

プロトライアスリート柴田卓也さんのバイクセミナーvol.2へ。

 

えぇ~っ、そんなふうに乗っていたの!?

 

ローラー台(自転車をその場でこげるようにした台)に乗って、vol.1の復習をして。

次に「これはちょっと難しいけれど、自転車選手の動きはこうなっていて・・・」

うわぁ、そう動いていたなんて初めて聞いた。

ツール・ド・フランスでの自転車選手たちの動きをスローで見てみると、あっ、ほんとだ。

 

実際にやってみると、手と足がバラバラになっちゃったりして。

あれ?ってなっていたんだけど、じーっと卓也さんの動きと言葉を聴いていたら。

それっぽくできるようになってきたかも?

 

すごい、自転車大革命が起こった。

これを身に付けることができたら、ずいぶんと楽に走れそう。

宮古島大会まであと3週間くらいだけど、うん、少しでも身体が動くようになったらいいな。

 

続いて、ランニングも見てもらうことに。

こちらも、今までやってきたこと、教えてもらったことがつながってきて。

さらにポイントを教えてもらって、かなーり楽に走れるようになったんだ。

 

こんなに短時間(2、3時間くらい)で大革命!が起こったなんて、びっくり。

あとは・・・実践あるのみ☆

 

 

| | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

送別会での

送別会での

↑みきちゃん、ぶえもん、にっしーさんたちの送別会

 

普段の私は部内HPを作る仕事をしていて、8時間座りっぱなし、でちょっとさみしい感じなんだけど。

みきちゃんの繋がりで、sugaさん主催:実験部の飲み会に忘年会に続いて2回目の参加をさせていただきましたっ。

 

もう、お腹が痛くなるくらい笑った~。

 

そう、そしてついにQさんから直接お話を伺うことに。

「聞いていて、調べたらこのブログに辿り着いたんだよ。

おりちゃんのファンだからね、応援しているよ。」

うわ~お、そんなたいしたことしてないから恥ずかしいけれど、うれしいなぁ。

ありがとうございます。

・・・実は私もQさんのファンなんですよ、ぐふふ。

 

すんごい落ちていたときにくださったメールを書き写してずーっと持ち歩いているんだ。

 

読むたびにじんわりパワーが湧いてきて「笑っていこう」と思える。

そう、人生は何が起こるかわからない。

笑いは免疫を上げるんだって。

つらいときに無理して笑うことはないけれど、笑っているうちにたのしくなることもあるのね。

 

今日の飲み会は、ほんとーにたのしかった♪

みなさんから「宮古島大会、がんばってね」と応援してもらって、パワーを頂きました。

sugaさん、またお願いしますね☆

 

 

| | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

火曜日に持ち越し

宮古島トライアスロン大会まであと1ヶ月。

土曜日は3時間走るつもりが雨で2時間ちょっとに。
三好池をぐるぐるした後、プールで泳いで。

日曜日は100kmちょっと自転車に乗って1時間くらいアスレチックコースや東海自然歩道をランニング。

そして、今日、月曜日。
あんまり疲れてない気がするのは体力ついたから?
…それともひょっとして、明日にくるのかしら?

| | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

宮古島 trip

「あれっ、バイクシューズがなーい」

トランジション(水泳→自転車や自転車→ランニングへと次の種目へ移ること)夢。

たぶん、舞台は宮古島トライアスロン大会。

もう、今年に入って何回宮古島へ行ったんだろ?

| | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

新しい住人

新しい住人
新しい住人
青と赤に光るネオンテトラ、
おおらかな黄色のグラミー、
ナマズみたいな口をしてるコリドラス、
苔を食べる名前がわからない魚

熱帯魚が新しい住人に。

| | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

それだけ

ふと、思うんだ。

こうしてブログなり、HPなり、続けていくのか、どうか。

 

ま~、これまでも何回も言ってきてるし、長い期間更新しなかったときもあったなぁ。

がん治療中に作ったHP(Muchas Gracias おりちゃんのサイト)から数えると6年。

 

訪れてくださる方に感謝しています、ありがとうございます。

 

ブログになってからは、携帯電話からも更新できるように。(写真がひっくり返って載ったりすることもあるけど)

楽になったにも関わらず、更新は気まぐれですが・・・。

 

「生きた証を残さなきゃ」

HPを作った頃は、もう、生きられないって思ってた。

あれから6年、こんなに長生きしてるのね。

ありがたいことです。

 

さて、これから先のこと。

コメントに励まされたこともいっぱいあったので、迷いに迷いましたが・・・。 

勝手ながらトラックバック、コメント機能を外すことにしました、ゴメンナサイ。

今までトラックバック、コメントをくださった方、ありがとうございました。

これからは、メール(自己紹介のところにあります)にてお願いします。

 

たまに「ハイッ、ハーイ!おりちゃん、ここにいますっ」と、すくっと立ち上がりたくなるところも見え隠れしつつも。

見えなくて、わからなくて、つかみどころがなくて、孤立無援な気持ちが際立ち。

どうしてもネットの世界になじめなくて、何度も、やめようかな、と漠然と思う。

それでもブログを続ける理由は。

 

生きた証を残したい、のと。

たいした生き方しているわけじゃないし、先っちょでごまかしてる感は否めないけれど、一応、それなりに命を振り絞って生きてるってことで。

 

同じ病気、同じ治療を受けた仲間に “生きる可能性” を

訪れてくださった人へ “どんなときも 生きるのをあきらめないこと” を伝えられたらいいなぁ。

 

それだけ。

 

| | トラックバック (0)

パンを食べながら

ホームベーカリーで焼いたパン、めちゃんこおいしい♪

トースターで焼くと、さらにさっくり。

 

ふと、手作りパン、で思い出した、suzukaっち(なるショー)のこと。

 

北の大地に住んでいたsuzukaっちは、パン作りが上手。

ブログに載った焼き上がった写真を見ては、うわぁ、すごーい、食べたーい。

ロールパンなんて、光輝いていたもん。

 

同じ病気仲間であり、同じ高専生であり。

直接会うことはできなかったけれど、勝手ながら「おぉ、同士よ!」って感じてる。

 

それにしても。

suzukaっちはすごい、自分で発酵器作っちゃうくらい。

改めて見ていると、ほんとにすごいわ~。

 

suzukaっち(なるショー)のブログはこちら↓

笑ってなるとも~ http://blog.goo.ne.jp/tange_1985

※左のカテゴリー “パン作り” にパンはもちろん、自家製発酵器の写真が☆

 

suzukaっちの腕に近づけるように、いつかはベーグルを作るぞ~♪

手作りパンを食べるたびに、suzukaっちのことを思い出すよ。

私、生きようって思った。

元気出たよ、ありがとう。

 

 

| | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年6月 »