« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月28日 (月)

御嶽道中膝栗毛

御嶽山に向かいながら、シマっちと。

 

「おーしゃんに ”おりちゃん、ちゃんと周りの愛を感じてる?” って言われて。

いまいち意味がわからなかったけれど、

あぁ、私、感じてないなってことはわかった。」

 

「そうだよな、他のことには鋭いのに、自分については見えていない部分、大きい気がするわ。」

 

ふむふむ、なるへそ太郎。

 

「ちっちゃい頃から、感じていたこと。

”前ならえ” の列に並ぼうとするんだけど、どうしてもズレてしまうのよ。

ズレていないように見せないと、って、冷や汗、脇汗がものすごいの。

ぎゅーって力が入り過ぎて、目をつぶっちゃうから余計にズレて、そのズレに気付けない。

 

どうしてできないんだろう、と、あーだこーだしてみるんだけど、さらに挫折感が増えてく一方。

 

うまくやっていくこと、並んでいるように見せかけることに必死でさ。

受け入れてもらうことばかり考えて、ものすごくエネルギーを使ってる。

 

とりあえず期待に応えれば、この場を凌げる、としているうちに、

周りからの想いを受け止めたり、自分が何をしたいのか、見えなくなっていたのかもしれないね。」

「やりたいようにやればいい、と前に言ったように。

おりちゃんを見ていると、自分の気持ちに素直に動いたことは、ずーっとブレてない。

他からの影響で ”あ、これ、いいかも。いいんじゃない?いいでしょ。” と動いたことは、続いてないよね。

 

最近、絵を描き始めたって言っていたでしょ。

ひとつ、心配しているのは。

絵だったり表現の世界に入り込み過ぎて、戻ってこれなくなるんじゃないかってこと。」

 

あ、それ、私も絵を描こう!という前に怖かったこと。

 

だけど、絵は私にとって、ゲロ吐きの場所。

スッキリ!解放の方向へいきそうだから、大丈夫。

 

これまで、ゲロは吐いちゃダメだ、と抑えていたところ、

×をつけていたところに○がついた。

 

だから、解放できる場所がある!と感じられただけで、救われた気分。

 

「描いた絵、見せて。」

 

うーん、人に見せる、と思って描くと、媚が出てきそう。

ブログ書いていても、たまに、うわぁ、媚てるな、って、気持ち悪くなったりするもん。

で、内に入っちゃって、更新が止まる、ってわけ。

 

そう、欲に対して潔癖だったりするのかもね。

自己表現欲、時々顕示欲が混じり、そういうの、汚いって。

 

自然な欲求なんだけど、ね、睡眠欲以外は許せなかった。

もう、どんどん存在に対しての否定感が溜まっていくよね。

 

自由に、解放して、人生ワンダフル!を感じよう。

いっぱい感じよう。

 

 

| | トラックバック (0)

金環日食

行き交う人たちを見ていると 宇宙がたくさん歩いているよう

 

それぞれに子どもの頃があって

思い出や夢、

無意識に忘れ去られたこと、

見えている景色、考えや想いが

無限に広がる世界を持って歩いている

 

あの宇宙には 何があるんだろう

 

一生のうちに見られるか、見られないか。

2012年5月21日、何年かに1回の金環日食。

 

太陽と月にとっては、日常ルーティン、

地球のある地点にとっては、奇跡の喜び

 

ねぇ、あなたの宇宙での金環日食を見たかしら?

 

今日もどこかで、金環日食が起こってる。

あなたの宇宙で起こす、奇跡の瞬間。

 

 

| | トラックバック (0)

希望

救いを求めながら 堕ちても 霞の中を漂うだけ

 

断崖絶壁から 飛び降りる覚悟で

飲み込んで 内から棘で刺されることもいとわず

痛みがないのなら それまでのこと

 

絶望したなら 希望がみえる

 

 

| | トラックバック (0)

ただ、生きてます

またまた御嶽山へ。

 

太ももの前の筋肉が、もう、スーパー痛くて。

土曜日のトレイルランニングの下り坂、ストッパーとして活躍してくれたのね。

 

一緒に行ったシマっちは、バイクでヒルクライム、

私は、御嶽スーパートライアスロンのヒルクライムコースであり、

ランニングコースを大きな声で歌いながら、ウォーキング。

 

ほら、昨日、自然って何をもって自然、と言うんだろ?と書いてたでしょう。

もうね、そんなの、どーでもいいんだと思った。

 

だって、木を見ていたら、

「ここで生きてます」って、ズドーンって生えているわけじゃない?

その事実をどう捉えるか、決めるのは、見ている私であってさ、

木にしてみれば、そんなの、知ったこっちゃないわけよ。

 

たまげた。

 

ちっちゃい頃からさ、星を見るたび、

「せっかく光を届けてくれたんだもん、ちゃんと見ないと」

すべてをずーっと見ることはできないでしょう?

 

ごめんね、見ることできなくて。

 

何もできない自分の無力さに悲しくなって、

壊す方向にしか向かっていない気がして、

生きていて、ごめんなさい。

 

だけど、見ていようが、見ていなかろーが、

見られるために光ってるわけじゃないのよ。

 

ただ、この瞬間、燃えたくて燃えて光ってる。

ババーン!と命を燃やしてる。

 

空はどこまでも青くて、雲は猛スピードで駆け抜けて。

見ていようが、見ていなかろーが、ただ、この瞬間を生きてる。

 

そう思ったら、愛おしくて、ちょっとだけ泣いた。

・・・あぁ、下り坂での筋肉の痛さにも泣いた。

 

Photo

 

 

| | トラックバック (0)

2012年5月27日 (日)

スポーツの持つチカラ

ひょんなところで、ミューさんのダンナさんと再会!

「泳ぎ始めました」とのこと、お元気そうで、とってもうれしい☆

 

がんサバイバーだった、ミューさん。

去年、ミューさんがお空へ旅立ってから、ダンナさんのことが気にかかっていて。

 

「また、トライアスロンを始めようかな」と、ミューさんのダンナさん。

「じゃあ、10月の長良川スーパートライアスロンのリレーに出ましょ♪

私、泳ぐから、ダンナさん、走って。

後は、バイクパートを探しましょう」

 

そんな大きなことはできないけれど。

がん、と、スポーツで人を繋げること、していきたいなって改めて思った。 

 

 

| | トラックバック (0)

足、ばきばき

ぎゃぎゃぎゃ、筋肉痛。

昨日のトレイルランニング、ほとんどハイキングな感じだったのに。

下り坂が苦手なのよね、ブレーキかけてるね・・・太ももの前の筋肉が痛ーい。

 

イタタタタ、と言いながらも、バイク(自転車)セミナーへ。

 

自分の体重を利用してペダルを踏む、という体重移動ペダリング。
うーん、まだいまいちわかんない。

こりゃ、自主練習が必要ね。

 

その前にステムの交換、2cm長くしないと。

 

 

| | トラックバック (0)

2012年5月26日 (土)

自然

ベーストレーニング、健全な肉体に健全な魂が宿る、だったっけ?

体力UP!ということで、朝のスイムセッションの後。

 

ゆっくりと心拍数を上げすぎないように

猿投神社-猿投山-雲興寺 往復20kmを一人でトレイルランニング。

 

ランニング、と言っても、登り坂はほとんど歩き、だったけどね。

 

627

 

「どこまで行くの?」

「気をつけて、がんばってね」

すれ違う時に声を掛けてくださる方がたくさん。

応援してもらえると、元気が出るね、ありがとうございます☆

 

今度は、東海自然歩道を辿って、定光寺まで行ってみたいな♪

 

自然がいっぱい!と、山に登っているけれど、

日本のほとんどの山は、杉などを植林されている。

 

何をもって、自然と言うのだろう。

 

人間も自然の一部、なのだろうか。

定義付けのラベリングをして、気持ちを落ち着けたくなる。

 

いつの間にか、支配しているような錯覚を消し去るために。

 

 

| | トラックバック (0)

2012年5月24日 (木)

バレた

とってーも久しぶりにトライアスロンクラブの朝スイムセッションへ。

 

「体調、大丈夫?

「ずいぶん痩せたんじゃない?」

「バレました?」

「いや、わかるって。」

 

ひょえ~、コーチ、さすがッス。

 

4月から仕事の量はかなり減らしたものの、

これまでとはまったく違う仕事であわわのわ。

 

上乗せして、首を痛めるわ、風邪は長引くわ、疲れやすいわ、

これからどうしたいのか、ぐちゃぐちゃだわ、で、

4月から、先週あたりまでかしら、ずーっと調子がよくなかったんだよね。

 

コーチに言われて 「なるへそ、私、疲れていたんだ」

と、ちゃんと自分自身で認識できたことにびっくりした。

 

気付きつつも、ここまで、とはわかってなかったよ、とほほのほ。

 

そうなのよね、

動かないとお腹が空かなくて、食べそびれたり、

筋肉がなくなったのかもしれないね、

先週、体重を計ってみたら、一ヶ月で3kg落ちてた。

 

そりゃ、疲れやすいよなぁ。

あまりの不調さで、来週にある、アイアンマン・ハワイ70.3の応援に行くのをやめちゃった。

ランス・アームストロングに会いたかった!けれど、

ここはぐっと我慢、無理しない。

 

10月のハワイ島でのチャンピオンシップ、

もしくは、来年のチャンピオンシップに行けたらいいな☆

 

まずは、体調を整えましょう、だね。

 

 

| | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

持つところがない

毎週水曜日、ローラー台を使ってのバイク練習。

 

まずはヨーロッパの自転車大会のDVDを見ながら、選手のフォームについて先生から聞くと。

ランニングと同じで、骨盤を前傾させてサドルに座り、上半身はリラックス。

 

・・・って、言われた通りのポジションを取ろうとすると、

ステムが短くて、手がハンドルより前に出ちゃったんですけど。

あらら、持つところがなーい。

 

ステム(自転車のフレームとハンドルを繋げているところ)を2cm長くしてください、とのこと。

 

ひゃーっ、2cmも長くしちゃって、大丈夫?

試してみないと、どのポジションが自分に合っているか、わかんないよなぁ。

 

 

| | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

がん、は私の一部だけど、すべてじゃない 4

これから先も私は走っていくし、

「トライアスロンやウルトラマラソンを通して”ありがとう”と”生きる希望”を伝えたい」

気持ちは変わらない。

 

これまでと同じく

「Cancer Survivor ☆ Never give up」

「骨髄バンク ドナー登録&献血にご協力を -生きるチャンスを広げたい-」

背中につけて走っていく。

 

だけど、がんばらないよ。

 

一緒にやりましょう、と言われることもあるけれど、

私の願いは、それぞれがぞれぞれの想いを燃やすこと。

 

たまたま同じだったら、一緒にするかもしれないけれど、

自分自身の想いを表現することが大切。

 

自分一人でもする、という覚悟が、人を真に輝かせる。

覚悟が命を燃え上がらせる。

勇気や希望は後からついてくるから、大丈夫。

 

腹をくくれ、覚悟を決めるんだ。

 

 

「死への恐怖があるからこそ、命が燃え上がるんだ」

先週行った、岡本太郎美術館でドカーン、ときた一言。

 

なまじ、死、が遠ざかったような気がしているから、うつつを抜かしてる。

生、と、死は表裏一体、

死が遠ざかった気がしているなら、生も遠ざかっている。

 

 

これからは、自分で自分を解放するんだ。

徹底的に自分自身と対峙するんだ。

 

解放区へ向かって、命をぶつけていくんだ。

 

 

| | トラックバック (0)

がん、は私の一部だけど、すべてじゃない 3

こう書くと、変な人、と思われると思ったし、わざわざ書くもんじゃないし、と書いてこなかったけれど。

例えば・・・数字や文字を見ると、ぱぱぱーっとストーリーが浮かんでくるのよね。

 

数字や文字には男性、女性、中性があって、年齢やそれぞれのバックグラウンド、性格なんかもあって。

数字や文字同士がしゃべっていたりするような気がするの。 

 

普段の生活で頭の中で繰り広げられるおしゃべりをまともに聞いていると、ものすごく疲れる。

 

これが数字や文字だけじゃなくて、物や目に入ってくる景色、いろんなことに対してぱぱぱーって浮かんでくるわけ。

だけど、いちいち聞いていたら疲れるじゃない、だから、ぐぐーっと抑えてあんまり考えないようにしてた。

 

こういうのって、多かれ少なかれ、誰もが感じているんじゃないかな?

この世に溢れるデザインは、意識するにしろ、しないにしろ、感覚に訴えかけている面があるでしょう?

危険!という看板はいかにも、危険!を文字だけでなく、イメージで訴えかけてくるように造られているじゃない?

ただ、その面を強く感じるか、どうか、想像するか、どうかの違いなだけだと思う。

 

たまたま、イメージが浮かんでくるだけで。

自分が勝手に創り出している世界だってことは、ちゃんとわかっているつもりだから、大丈夫だとは思ってるんだけど。

ぼーっとしているだけでも、頭の中がフル回転になっちゃうのよね。

 

それが、走ったり、自転車に乗ったり、泳いだりしているときは、頭の中がシンプルになるっていうか。

脳内麻薬(ドーパミン、アドレナリン、とか?)が程よく中和させてくれてるのかもしれない。

脳みその暴走を体の暴走でバランスを取ってるのかもしれない。

 

こう書くと、しょうがなく動いているように聞こえるかもしれないけれど、そんなことはなくて。

私としては、動くとスッキリするし、ご飯もちゃんと食べるようになるし、たのしい、という感覚もあるよ。

 

これまで抑えなければならない、消さなければならない、
自分の中で認められない、受け入れ難い部分があって、否定感がものすごかった。

その部分にスポットライトを当ててくれたのが、おーしゃん。

 

初めは 「何を言うか、この人は」 とびっくりしたけれど、今では、感謝してる。

おーしゃんのおかげで、私の人生は救われたんだ。

 

 

続く

 

 

| | トラックバック (0)

がん、は私の一部だけど、すべてじゃない 2

今、一番したいことが何かってこと、

走ること、自転車に乗ること、泳ぐことは私にとって、何なのか、

現時点での答えを見つけたのは、おーしゃんとの出逢いがきっかけ。

 

一ヶ月ほど前、かな。

おーしゃんとは、出逢って数日。

まともに話したことなんて、なかったのに。

 

「-トライアスロンやウルトラマラソンを通して"ありがとう”と”生きる希望”を伝えたい-

おりちゃんのしていることは、大切なことだし、素晴らしいことだと思う。

これまではそうしてきたかもしれないけれど、これからもしていきたいことなの?」

 

へっ?

何を言うの、この人は。

私はこれがしたいこと、と信じてきたんだけど。

 

「おりちゃんは決して体力、運動能力に恵まれているわけじゃない。

これまで、トライアスロンやウルトラマラソンができたのは、ものすごい精神力の強さがあったから。

そのパワーをスポーツだけに使うのは、もったいない。

表現すること、例えば・・・絵を描いてみたら?」

 

はっ?

絵、なんて。

この間も犬の絵を描いて、オオカミなんだか、ワニなんだか、わかんなかったし。

待てよ、このセリフ、聞いたことあったなぁ。

どういうつもりで言ってるんだろ?

 

「私が言っていることが正しいとは限らないし、決めるのはおりちゃん。

岡本太郎に感じるものがあるんだよね。

おりちゃん、自分の世界を持っているように見えるんだけど、抑えているでしょう。

もっと解放させてみたら?」

 

どっひゃーっ、

見抜かれた、という思いと同時に許されたような、解放された気分。

 

これまで、ちょいちょい見え隠れしながらも、抑えてきた部分、
生活をしていく上で邪魔なことだと思って、見ないようにしていたところ。

解放できる場所がある、と思うだけで、バーッと開けてくる。

 

 

続く

 

| | トラックバック (0)

がん、は私の一部だけど、すべてじゃない

「今、おりちゃんが一番したいことって、何?」

 

「絵を描くこと、誰に見せるでもなく。

自分のすべてをぶつけて描きたい。

造形もしてみたいな。」

 

「じゃあ、さくら道を走りたいっていうのは、やりたいことじゃないの?」

 

「一番、じゃないだけで、したいことのひとつ、だよ。

だけど、大会に出たいわけじゃなくて、さくら道を走ってみたい。

1回で走れなくても、止まりながらでもいいから、250kmを走りたい。」

 

ダムに沈み行くはずだった桜の木で太平洋と日本海を繋げようとした、佐藤さん。

佐藤さんの想いを走って感じてみたいんだ。

土木への道を目指してた学生の頃、沖縄のダム事務所へ実習に行った私。

ダムに沈む予定の森を見て、

「ここに住む動物や植物たちは、どうなってしまうんだろうね」

職員の方の一言を聞いた瞬間、涙。

「あぁ、私にはこの気持ちに折り合いをつけて仕事をしていくことはできない。」

若気の至り、かしら、土木とは違う道へ進んだんだ。

 

さくら道国際ネイチャーランのゴール、

石川県の兼六園の片隅に植えてある、佐藤さんの想いを称えて植えられた桜を見て。

 

「私もいつか、名古屋城から佐藤桜まで走るんだ」

 

いつ走れるようになるか、わからないけれど、必ず走る。

 

続く

 

 

| | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

御嶽山ヒルクライム

8月にある、御嶽スーパートライアスロン大会に出てみたい!ということもあり。

大好きな御嶽山を自転車で24km、ひたすら登り。

 

ローラー台(自転車をその場で漕ぐ台)にはちょこちょこ乗っていたけれど、道を走るのは半年以上ぶり、かしら。

つい最近トレーニングを再開したのもあって、心拍数を上げすぎないように、パワーも抑えてゆっくりのんびりと。

 

まだ桜が咲いていたり、登山口には雪がたくさん。

二週間後くらいに登山をしたいと思っていたけれど、ちょっと靴では難しいかなぁ。

 

ヒルクライム、登りは好きなんだけど、下りがイヤ。

うーん、コースのライン取りが下手っぴ。

ブレーキをかける手が筋肉痛になりそう。

 

そういや、去年はかれこれ5、6回は御嶽山に行ってた。

そのうち2回は自主合宿、今年も自主合宿をしよっと♪

 

御嶽山を登りながら、頭の中がシンプルになっていくのを感じてた。

 

Photo

ヒルクライムのゴール、御嶽山の登山口、雪がまだたくさん。

奥に見えるのが、御嶽山の頂上。

 

| | トラックバック (0)

2012年5月18日 (金)

It's my life

どんな状況でも環境でも
命を輝かせられる。
それは自分次第。

覚悟を決めるんだ、自分の人生を生きるんだ、と。
覚悟を決めた瞬間、すべてが動き始める。

中途半端に漂っているから、溺れるんだ。
頼れるところに寄りかかろうとしがみつき。

同情と憐れみにまみれて、
景色がかすんで見える。

まやかしの甘い水で腹いっぱい、
もっともっとちょうだい、
いくら飲んでも満たされない。

覚悟を決めろ、
腹をくくるんだ、自分の足で進むんだ、と。

命を燃やして生きるんだ、と。

| | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

御嶽スーパートライアスロン

このごろのこと、書きたい!って思っているんだけど。

夜は夜で、公園でのバイク(ローラー台)、ランニングの練習。

 

ありゃ、ごめんなさい、今の想いについて週末にでも書けたらいいなぁ。

 

そうそう、8月にある御嶽スーパートライアスロンに出てみようかな、と。

大好きな御嶽山での大会、ヒルクライム16km、登山10km、ランニング16km。

 

途中でリタイアしてもいいじゃない、やってみたいなら、やってみよう♪

 

 

| | トラックバック (0)

このごろ徒然

先週末は。

葛飾北斎展、バレエの舞台を観たり、

ずーっと行きたかった、岡本太郎美術館へ行ったり、

スポーツを通して社会変革を、というイベントに参加したり。

 

たくさんの出逢いもあって、その中でいろんなことを感じたり、思うところが出てきたり。

 

そこのあたりや、今思う、これからのこと、書いていこうと思う。

だけど、今から朝練習→仕事、ちょいと行ってきます。

 

 

 

| | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

15%

トレーニングジムに置いてある、トレッドミル、

その場で歩いたり走れる、ベルトがぐるんぐるん回るマシン。

 

あれって、あんなに傾斜が変えられるんだね、知らなかった。

傾斜角度MAX15%、すんごい斜め。

 

 

ここ3ヶ月間ほど、ケガや体調を崩したり・・・と、ほとんどまともに練習ができず。

自分一人で練習をしようとすると、負荷をかけ過ぎたり、かけなさ過ぎたりして、
どうにも調節がうまくいかないのよね。

 

そこで、バイクとランニングについて、先生にメニューを作ってもらい始めたんだ。

「まずは、ベース作りをしていきましょう」ということで、
15%の斜めな坂を歩く、というトレーニングを取り入れてる。

 

心拍数でトレーニング負荷を調節するから、なのかな。

がむしゃらになりにくく、ココロの負荷も軽くなって、練習がたのしくなってきた~♪

 

 

| | トラックバック (0)

2012年5月12日 (土)

展望台

近所を走っていると、クロスカントリーコースみたいな階段が。

登っていくと、展望台。

 

こんなところに展望台なんてあったんだ。

 

この展望台へのコース、景色もいいし、走りやすくていいかも♪

 

 

| | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

みーつけた

風邪やらなんやら、で、しばらく走れていなかったのもあってか、

無性に走りたくなって、近所の新しい道を見つけながらジョギング。

 

5月だね、緑と空が透き通ってるね。

 

この地に住むようになって、2年半くらい経つんだけど、

わき道にー本入ってしまうと、うねうねしていたりして、

どこへ行くのか、わからない道がたくさん。

 

わざと迷うように道を選んでいくのも、おもしろい♪

 

たまに本気でわからなくなって焦ることもあるけど、さ。

今日は思わぬところに公園を発見!!

 

| | トラックバック (0)

Passion

既成概念をぶっ壊せ、全部、捨てるんだ。

そこから何が見える?

 

ガーッ!とこないの。

何かが違うの、

命の出し惜しみ、

生ぬるいところで中途半端に漂ってる。

 

あきらめ、思い込み・・・重い鎧を着て、
身動きが取れなくなってることさえ気づかずに。

 

つかんだと思ったのに、手の中からすり抜けていく。

つかみどころがなくて、繋がりも見えなくて。

 

しがみつくように、すがりつくように。

目をつぶっていても前へ進んでいるような錯覚。

 

 

ぶっ壊せ、捨てるんだ。

 

解放セヨ、ここは安全区。

解放セヨ、ここは許された場所。

 

 

Passionを解き放て。

ぶつけるんだ、真っ白いキャンバスに。

 

 

| | トラックバック (0)

好きにしたらええやん

「あーだこーだ考えすぎ。

好きにしたら、ええねんて」

 

シマっちにこのところ、思うことをバーッってしゃべったら。

こう返ってきた。

 

そうだね、変にじーっとすると、頭ばっかりぐるぐる回転。

走りながら考えていくのが、ちょうどいいのかもね。

っていうか、考えなくても、いいじゃん。

もう、好きにしていってもいいんじゃない?

 

こうしよう!と思ったことに対して、

無意識に何か背負っているような気になっていたのかもしれない。

 

ちょっと前におーしゃん、と出逢って、こんなことを言われたのよ。

 

「おりちゃん、for me、自分のためにしたいこと、

命を燃やしてしたいことって、ひょっとしたら。

トライアスロンやウルトラマラソンではない、のかもしれないよ。

 

"トライアスロンやウルトラマラソンを通して、ありがとう、と生きる希望を伝えたい"

その気持ちはわかるけれど、それって、未だにしていきたいこと、なの?

 

じゃあ、もし、がん、になっていなかったら?

過去をすべてなくしたときに、それでもしたいことって何?

 

for you、誰かのために、と何かをすることも大切だけど、

for me、自分のために何かをすることが結果的に自分も周りもしあわせになるのかもしれないね。」

 

ほぇ~っ、たまげた。

そういう見方があったのね。

 

んで、ただいま、私の中はひっちゃかめっちゃか。

 

おーしゃんが言うには。

「表現してみたら?」

例えば、と絵を描くことを勧めてくれてる。

 

もう一人、絵を描くことをしきりに勧めてくる人が身近に・・・。

 

へっ?

関係あるんだか、ないんだか、私の尊敬する人物は、伊能忠敬と岡本太郎。

ダリ、とか、シュルレアリスム(超現実主義)の絵は好きで、あんなふうに表現してみたいな、と憧れはあるけれど。

 

で、まっさらにした時、やりたいのは絵を描くことなのかしら?

ダンス・・・コンテンポラリーや創作バレエ、とか、

内面を表現することをしてみたいな、とも思う。

 

さて、私は何がしたいんでしょうね??

 

ぐっちゃぐちゃ、だけど、とっても解放された気分、泣けちゃうほど。

 

 

| | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

伝えたいこと

この頃、いろんな出逢いがあってね。

考えるんだよね、何かしようってさ。

 

でもね、残念なことに、私、志が高くないのよ。

何かをする!と考えてもゴゴーッて燃えてこないの。

燃えても、一瞬、で消えちゃってる。

 

「○○について、一人でも多くの人へ伝えたい」

「○○の○○に対する、意識を変えていきたい」

 

うーん、いろんなことの大切さはわかるんだけど、ゴゴーッて燃えてこないのよ。

わかんない、

そういう時期がくるのかもしれないし、

今は風邪が治らなくて、ブーってしてるから、そういうパワーが湧いてこないだけかもしれない。

 

ええい、言ってしまえば。

「Cancer Survivor ☆ Never give up」

「骨髄バンクドナー登録&献血にご協力を -生きるチャンスを広げたい-」

伝えたいメッセージを背中につけて走ること、私はそれで満足なんだと思う。

 

「がん、になった人がトライアスロンやウルトラマラソンができるくらいになった」

 

この一言が伝われば、私はいいのかもしれないね。

 

とか、なんとか言っておいて、ある日、突然

「こんなことします!」とか宣言しちゃってたりして、ふふふ♪

 

| | トラックバック (0)

のりさん

一週間ほど前、かな。

さくら道国際ネイチャーラン、チャレンジ富士五湖、南知多での100kmマラソン、などなど、

ウルトラマラソンランナーズの完走おめでとう会へ。

 

もちろん!私のウルトラマラソンの父、師匠、サダさんも一緒。

250kmをあの嵐の中、36時間以内に完走するなんて、すごい!!

サダさんが現役のうちに、私もさくら道を走れるようになりたいな♪

 

んで、その帰り道。

去年、さくら道国際ネイチャーランを完走、

今年は140km地点でリタイア、だった、のりさんと一緒になって。

 

「私ね、みんなみたいに必死にちゃんと練習していないのよ。

でもね、無理はしたくないの。

ケガをしたりして病院に通いながら走ったり、

家族との時間を犠牲にし過ぎたりするのは、本末転倒だと思うのよ。

無理しちゃダメなの。」

 

びっくりした。

私のイメージだと、さくら道を走れるようになるためには、

タイムや月間走行距離など、数字を追っかけて、自分を追い込んでいかないといけない、と思ってたから。

 

のりさんの話を聴いて、ぱぁぁ、と開けてきた。

 

数字を追っかけ始めると、追い込みすぎて、どんどん苦しくなっちゃうから、したくなかったんだよね。

だけど、さくら道を走るためには、しなきゃいけない、って思ってた。

 

そっか、無理しなくても、がんばらなくてもいいんだ。

 

この話をイッシーにすると。

「さくら道を走りたいんでしょ?

じゃ、国際ネイチャーランの大会に出なくてもいいじゃん。

名古屋城からマイペースで走って、途中で泊まってもいいしね。

石川県の兼六園まで、たどり着けばいいんだから。」

 

おぉ!さらに道が開けたっ。

大会に出ないと走れない、って思ってたけれど、自分で走ればいいじゃん♪

 

のりさんとの別れ際。

「おりちゃん、たまにブログ読ませてもらってるけれどね、

ちょっと心配なところもあるのよ。

無理してない?がんばりすぎてない?」

 

うん、今は大丈夫、がんばらないようにしてるよ。

最近になって、かな~り楽になったよ、ありがとう☆

だけどね、やっぱり無理していたかもしれない。

だって、のりさんの話を聴いて、ホッとしたり、

目の前が開けた感じがしたってことは、

がんばりすぎて、ぎゅーっとなっていたところ、あったんじゃないかなぁ。

 

のりさん、ありがとう、もっと楽にたのしく走っていけそうだよ☆

 

むーん、ものすごく大会に出たいわけじゃないし、かと言って、出ないわけでもなく。

ピン!ときたものに参加しつつ、したいようにしていこう♪

 

 

私が走る理由・・・生きてる!という瞬間をたくさん味わえるから☆

 

 

| | トラックバック (0)

寝GW

GWに入って、風邪をひいてしまい・・・寝GWだった、ぐすん。

そして、まだ、いまいちスッキリしないのよね、

そろそろ、風邪生活しているのも、飽きてきたんだけどねぇ。

寝続けていると、どんどん自分のエネルギーレベルが下がってくるような。

うーん、今は休憩の時期、なのかなぁ?

こういう時は、じーっと、これでもか!というほど、じーっとして。

ひたすら回復を待ってると、ゴゴー!っとエネルギーが湧いてくるんだよね。

無理しない、焦らない、がんばらない♪

こう思えるようになったのは・・・のりさんのおかげだよ☆

| | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »