« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

LIVESTRONG day

ほんとはね、

閉会式でみなさんの前でLIVESTRONGについて、お話させてもらう予定だったの。

台風が近づいているということで、長引かせてはいけないな、と

お話するのは、辞退させてもらっちゃったのよ。

 

残るのは、後悔だけ。

 

体育館での閉会式が始まるまでに話せる時間はあったし、

閉会式で遠方から参加した選手の表彰、受賞した山形からの選手が

「来年はぜひ、東北の大会に来てください!

それが復興に繋がります。」

と、堂々と呼びかけていたのね。

 

結局ね、私の勇気が足りなかったんだよね。

 

私を応援、協力してくれる人がいて、想いもいっぱいいただいているのに。

一歩が出せなかった。

 

「こんなこと言っても、賛同してもらうのは難しいよなぁ」って言い訳して。

直接、人にがんに関する話をするのが、怖いんだよね。

ブログやFacebookでは、書けるのにね。

えっ?て反応をされたらどうしよう、とか、さ。

 

伝えたいことがあるんでしょう?

打ち破るんだ、私。

 

は~っ、後悔の嵐だよ・・・。

 

だけど、たくさんじゃなくても、LIVESTRONGについて伝えられたよね。

 

当初、お父さん、お母さん、あつみん、ナカーノ、私、の5人でやろうとしていたことが。

協力していただいたのもあって、もっと多くの方へ伝えられたんだ。

ありがとうございます!!

 

Livestrong02

 

Livestrong03

 

Livestrong04

 

 

今日のことを忘れず、一歩ずつ進んでいくぞ~♪

 

| | トラックバック (0)

続・サンライズ磐田 in 竜洋大会

風に煽られ、押されたバイクパートが終わり。

バイクラックにお父さんのバイクがないってことは、私の方が先なのかな。

 

続くランニングは10km。

海岸沿いを走る、折り返し5kmのコースは、行きが向かい風。

帰りは向かい風なのかな、速いだけなのかな?

すれ違う選手たちが、軽~く走っていく。

 

知っている人も知らない人も、お互いに声を掛け合いながら走る道。

これが、トライアスロンのいいところ☆

「トライアスロンは、完走した者みな勝利者」の精神かしら。

 

折り返し直前のエイドステーションで、お父さんと一緒になり。

追い風で身体を前に飛ばされながら、フィニッシュラインへ。

 

これまで何回か一緒に大会に出てきたけれど、今回、初めて一緒にフィニッシュ!

お母さんもフィニッシュライン手前から一緒に走って、3人でゴール。

 

ちょっぴり、ぐっときちゃった。

 

しかーし、余韻に浸ってる場合じゃないっ。

さっきまでの青空は、いずこへ?

んぎゃー、暴風雨に見舞われて、パニック。

 

「何からしたら、いいんだっけ?」

あまりにも呆然として、応援に来てくれたナカーノに尋ねてた。

 

「まずは、ウエットスーツやバイクを回収に行っておいで」

ボケーっとしながら、風と雨が吹き荒れる中、トランジションエリアへ。

 

濡れるのも、煽られるのも、だんだんどーでもよくなってきた。

 

のんびりバイクを取りに行くと。

LIVESTRONGのバイクジャージを着た選手が木の下で2人、話し込んでいるを発見!

 

えっ、今日がLIVESTRONG dayと知って着ているのかな?

普段だったら、知らない人に話しかけることなんて、めったにしないのに。

思い切って話しかけてみると。

 

「LIVESTRONG day?それって、何ですか?」

どうやら、LIVESTRONGとは何か?ということも、あまり知ってみえない様子。

 

「ランス・アームストロングは、ご存知ですか?

がんになった後にツールを走ったんですよ。

ランスが、がんと闘う人のために活動をしているのがLIVESTRONGなんです。」

 

今日が日本でのLIVESTRONG day、だということ。

私も9年前にがんになって、今ではトライアスロンをしていること。

何かできることはないか、とLIVESTRONGの活動を始めたこと。

 

LIVESTRONG dayをきっかけに自分の生き方を考えてみたり、

アスリートとして、何ができるか考えてみませんか?

 

2人に1人ががんになると言われている今。

がんは確かに体を自由にしてくれないかもしれない、

だけど、自分の人生を自由に生きることはできる、と伝えたい、ということ。

 

私の思いを聞いていただいたんだ。

 

「すごいですね、応援しています!」

2人の想いがとってもうれしくて。

あぁ、勇気を出して、話しかけてよかった!!

 

 

| | トラックバック (0)

サンライズ磐田in竜洋大会

スイム:2km、バイク:70km→52kmに変更、ランニング:20km→10kmに変更のトライアスロン大会。

台風が近づいているとのこと、

あれれ?太陽が見えるよ、ほんとに来るのかな?

 

バイクをトランジションエリアにセット。

ん?この感じ、久しぶりだなぁ。

そっか、去年のアイアンマン・カナダ以来、1年ぶりのトライアスロン。

スイムの練習をしたのは、3週間前に1回ほど。

バイクに乗るのも、1ヶ月ぶりくらい。

何とか、制限時間内にフィニッシュラインを越えたいっ。

 

練習不足なのに!

スイムスタートは、一番前から。

中途半端に真ん中から行くよりは、思い切って前へ出た方が人とあんまりぶつからないような気がするんだよね。

・・・やっぱり、気のせいだった。

 

スタート直後。

うひゃ~っ、人と人と人の上に乗っかってる、私。

人の上で浮いてる・・・のに進んでる。

不思議な体験を何回かした後、やっと人じゃなくて水をつかめた。

 

泳ぎながら、あーでもない、こーでもない、試行錯誤。

新しい感覚をつかみつつ、2kmおしまい。

 

バイクが置いてある、トランジションエリアへダッシュ。

ウエットスーツを脱いで、ヘルメット被って、ゼッケンベルトして。

バイクをラックから外して、バイクスタートラインへ。

 

「ヘルメット、前後ろ反対に被ってる!」

トライアスロン人生、足掛け6年にして初めての前後ろ逆被り。

ぎゃーっ、恥ずかし~、

だけど、気付いてもらえなかったら、もっと恥ずかし~。

マーシャルさん、ありがとう。

 

被り直して、バイクスタート。

すると今度は、DHバーのネジが緩んでいたのか、バーパッドがズルッと回転。

ただでさえ風が強いらしいバイクコース、

台風が近づいてくるのもあって、強風なのは確か。

幸い、ドロップハンドルだから、ハンドルの下側を持って走れるけれど、

DHポジション(風の抵抗が少なくなるような姿勢)が取れないと辛いよなぁ。

 

バイクコースは約5.5kmのコースを8周回。

一旦止まり、ネジを締め直してもらい、再スタート。

 

行き道の風の強いこと!

時速20kmを切ったメーターを見て、泣きそうに。

そして、帰り道の追い風!

時速35km以上、出ていっちゃう。

 

雨って、痛いんだね。

途中で雨がザーッ。

痛い痛い痛い痛い痛い。

走っていると、雨はあんまり気にならないんだけどね、

ん~、痛い雨は気になるね。

 

と思いきや、今度は晴れてきて。

雨だったり、風が強かったり、晴れてきたり。

忙しいな、空。

 

続く(・・・と思う)

 

 

| | トラックバック (0)

2012年9月29日 (土)

LIVESTRONG day 前日

サンライズ磐田 トライアスロン大会前日。

そして、日本でのLIVESTRONG day前日。

 

前日入りしていたRIPPLEと、とらいあんぐるの方々へ

LIVESTRONGのお話をさせていただいたところ。

みなさん、協力してくださり、ありがとうございます!!

 

LIVESTRONGの黄色いリストバンドをしてパチリ☆

Livestrong01

 

私、しゃべるの、うまくないんだよね。

何を言っているか、途中でわかんなくなるし。

この時も、緊張でガチガチ・・・

みなさんが温かく聞いてくださり、助かりました。

 

うまくないけれど、少しずつ、進んでいこう♪

 

 

| | トラックバック (0)

台風17号

明日は、サンライズ磐田in竜洋大会。

んが、台風17号接近中・・・。

 

Aタイプのバイク、ランの距離が変更。

スイム:2km、バイク70km→52km、ラン20km→10km

 

Iwata01

 

ミドル初挑戦となるはずだった、お父さん。

残念だけど、ミドルデビューは来年のアイアンマン・セントレア!?

 

明日は、無事にゴールすることを一番に考えて走りましょ♪

 

悪天候の中、短縮となったものの、

開催を決行してくださる運営の方々に感謝☆

 

 

| | トラックバック (0)

2012年9月28日 (金)

LIVESTRONG宣言

LIVESTRONG dayへ向けて、話し合いメモ↓

1348822330427.jpg


話し合いながら、LIVESTRONG宣言を読むと、
ここのところ思っていたところと重なって。

これ!という自分のテーマが見えてきた〜っ

「LIVESTRONG day、
それぞれの生きる、を考える日」


LIVESTRONG宣言のページ
http://www.livestrong.org/who-we-are/our-strength/livestrong-manifesto

| | トラックバック (0)

2012年9月27日 (木)

このタイミングで

ずっと前から「ステキだなぁ、いつかお話してみたいな」

そう思っていた方から、声を掛けてもらえたのよね。

 

なんと!がんサバイバーさんだったのよ。

 

その方のお子さんは、障がいを持っていて。

「ここで私が死ぬわけにはいかない。

この子のためにも、何としてでも生きる、と思ったのよ。」

 

がん、だとわかったきっかけは。

ある日、自分の身体を見ていて、あれ?腫れているな、と、

たまたま自分で見つけたからなんだって。

 

「がん=死ぬ、イメージでしょう?

"あんたの親は、もう死ぬんだ"と、子どもがいじめられたのよ。

そのことを知って、絶対、生きてやる!って思って。

いじめ?

もちろん、なくしに行ってきたわよ。

今、元気で生きていられるのは、あの子のおかげよ。」

 

手術でがん細胞が広がった部分を手術で切除。

今では、とっても元気にスポーツをされているの。

 

「お互い、元気になったと言えども、

ちゃんと定期健診には行きましょうね」

 

そうか、早期発見、早期治療で、

再発したとしても手立てがあるかもしれないよね。

 

このタイミングで、こんな出逢いがあるなんて。

 

そして、お母さんから、こんなメールが。

「明日、家にご飯を食べに来るかな?

午前中に、がん検診に行ってくるね。」

 

えっ?このタイミングで、がん検診というフレーズを聞くなんて。

 

自分のことだと、慣れたのか、なんなのか、特には思わないけれど、

こと、家族となると検診とは言え、ドキドキしちゃうね。

 

がんになったとしても、

早期発見、早期治療で命が助かる可能性が高くなる。

 

私も、もうちょい早く気付いていれば、もう少し楽だったんだよね。

がんが広がった4期だったけれど、こうして助かることもあるのよ。

がん=死、じゃない。

 

がん=生きてることを感じること、なのかな。

 

LIVESTRONG Dayへ向けて。

少しずつ、何かが見えてきたような気がする。

 

-Japan for LIVESTRONGテーマ-

「団結は力である。知識は力である。生きる姿勢がすべてである。」

 

 

| | トラックバック (0)

2012年9月26日 (水)

早くも挫折 orz

わぁ、何かのために動いている方って、なんてすごいんだろ。

 

今週日曜日のLIVESTRONG Dayに小さいながらも何かしよう、と思ってみたものの。

早くも挫折・・・orz

 

自分一人でするなら「たのしかったら、何でもいいじゃん♪」でもいいのかもしれないけれど。

他の人に呼びかけるなら、ちゃんと説明できるようにしないと、と思って。

 

ふわっとしてるんだよね、LIVESTRONG Dayに向けての想い。

そう、私、そうなんだよ、ふわっとほわっとしてるんだよ。

なんとな~く、こんな感じ、とか、聞こえがいい言葉を並べてるだけな気がしちゃう。

 

話がずれるかもしれないけれど、

最近、小論文の添削問題で先生からも、

「もう少し具体的に書くと、説得力が増しますよ」と言われたのよね。

 

つまり、物事を掘り下げてない!!

・・・のかな?

 

どっひゃー、あと5日。

何をどのようにしていくのか、考えるんだ、私。

 

幸いにも、チャンスをいただいたのよね。

トライアスロン大会の開会式or閉会式で時間をいただけそうだったり、

雑誌に掲載していただけそうだったり。

 

だけど、私が追いついてないっ。

 

大きいことしようとすると、どっかーん、私のキャパを超えちゃう。

できることをできる分だけ。

 

練習不足な状態での自分のレース、初ミドルのお父さんのフォロー、

LIVESTRONG dayにその他もろもろ・・・って、どーしょー?

 

なーんてところに

「できることがあったらお手伝いしますよ」

と言ってくださる方が。

 

うわーん、奇跡☆

とってもありがたいです、ありがとうございますっ。

 

根っこの部分が決まれば、何を準備するのか、とか、

その他のことも決まってくるよね。

 

考えるんだ、私。

 

 

| | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)

パワーアップ

いやいやいやいや、なーんか違うね

 

昨日、LIVESTRONGと私、みたいなことを書いて、一夜明け。

「そもそも何かを始める時って、大義名分、理由付けが必要なの?」

 

LIVESTRONG?あのランスが作ったって?

ランスと関われるなんて、うれし~♪

 

素直な気持ちで動けば、いいんだよ。

 

もっともらしいこと言って、納得させてからでないと

進んじゃいけないわけじゃない。

 

ランス、かっこいい☆

私も、かっこよくなりたい☆で、いいでしょ。

 

こっちの方が、湧き出てくるパワーが強い気がする。

 

なんだろ、ことチャリティー、だの、ボランティアだの。

純粋できれいな思いがないと「偽善者!」呼ばわり。

 

偽善者だろーが、なんだろーが、どーでもいいのよ。

 

自分のしたいように、自分の人生を生きよう。

 

 

| | トラックバック (0)

2012年9月24日 (月)

これだけ、だけど

ひたすら寝た週末明け。

ひゃー、スッキリ。

 

9月30日のLIVESTRONG Dayをどう迎えるか、

ランスが設立した、がん基金・サポートグループLIVESTRONGとの関わりについて考えてみた。

 

治療中に「トライアスロンをしよう!」と思えたのは、ランスのおかげ。

 

ランスが書いた「ただ、マイヨ・ジョーヌのためでなく」を読んで、

もう、泳ぐことや走ることをあきらめた方がいいのかな?

泳ぐ、走るどころか、この先、生きられるのかな?

どよーん、とした気持ちが、吹っ飛ばされたんだよね。

 

で、今の私がいるわけで。

ランスには、とっても感謝してるんだ。

 

こうして元気になって「できることはないかな?」と探していて。

いろんな出逢いがあって、LIVESTRONGを日本から応援しよう、

LIVESTRONGを日本で広めよう、としているボランティア団体、

Japan for LIVESTRONGとの繋がりができ。

 

「9/30のLIVESTRONG Dayで、何かイベントをしてみたら?」

「愛知の地域リーダーにならない?」と声を掛けてもらったりもしているけれど。

 

はてさて、何ができるでしょう?

そして、私は何をしたいのでしょう?

 

これまでも何回か書いてきたように、

がんサバイバー・アスリートの方々の力になりたいな、とは思っていたのよね。

 

具体的には、サバイバー・アスリートの方にお話を伺って、

その方を紹介するページを作りたいな、と考えてた。

それは治療中に「トライアスロンをしよう!」と決めた時、

サバイバー・アスリートを探してみたんだけど、見つけられなくて。

相談ができたり、目標とする方がみえるだけで、ずいぶん心強いのにな、と思っていたんだ。

 

んー、症状はそれぞれ違うのもあるし、

「やりたいのか、やりたくないのか」

「やりたいけれど、やれない理由を探したり、不安に負けるのか」

行き着く先は、本人のメンタル的な問題がでっかいんだろうけどね。

って、ちょっと厳しい言い方かしら。

 

がん予防の啓発、検査へ行くこと、ドラッグ・ラグの問題、

がん=死ではない、偏見をなくす・・・いろんな活動があるよね。

 

んー、そのうち気持ちが変わるかもしれないけれど、

「○○を広げましょう」や

「○○を変えていきましょう」など

どうも、外へ向けた活動には、ピン!とこないのよ。

 

だぶん、私の根っこに

「周りを変えるよりも、自分を変える方が早い」

「過去と他人は変えられない、変えられるのは自分」

っていう考えがあるからなんだろーね、きっと。

 

という私が、何ができる?何をしたいの?ってところよね。

 

やっぱり、サバイバー・アスリートの方の力になりたい、

これだけ、なんです、ハイ。

 

これだけでも、いいですか??

 

もう少し成長したら、もっと周りが見えるようになるかもしれないけれど

今の私には、これが精一杯の想い。

 

 

| | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土)

ヨガ☆サークル

月1回、もみちゃんのヨガ☆サークルへ。

 

今週末は、とにかくダラダラする!と決めて。

寝そうになりながら、ヨガ。

 

最後に仰向けで寝転がる、しかばねのポーズの時、

本当に寝ちゃった、あはっ。

 

勉強したい、片付けもしたい・・・だけど。

全部、すっとばして、ひたすら寝る週末になりそう zzZ

 

 

| | トラックバック (0)

2012年9月21日 (金)

練習してるの?

「日焼けしたねぇ」

3ヶ月に1回の血液内科、外来診察。

 

血液検査の結果、CKP、クレアチンの値が高し。

これ、筋肉疲労が溜まってるってことみたい。

 

あれれ?

ここのところは、練習してないぞ。

練習サボってるのに、身体の中では練習中?

 

待てよ・・・12時間マラソンとHAYAMANへ行ったんだった。

え~っ、まだ疲労回復してないの?

 

ちょっと数日は完全休養に徹しようかしら♪

 

| | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

ふくちゃん、やったね☆

RFL芦屋で出逢った、血液がんサバイバー・アスリートのふくちゃん。

110kmのトレイルマラソン大会を完走されたとのこと。

 

もう、すごい、すごすぎる~っ!!

ふくちゃんを見ていると、パワーをもらえるよ♪

 

おめでとう☆希望をありがとう

 

 

 

| | トラックバック (0)

目覚めスッキリ

ここのところなかった、こんなスッキリ!な目覚め。

疲れが抜けた感覚。

 

あんまり眠りが深くないのか、よく夜中に起きちゃってた。

 

何とかできないかなぁ、と、試してみてるのは。

きちんと食べること、お風呂に入る時間を少し早めにする、

寝る前ヨガ、アロマテラピー。

 

特に、ヨガ&アロマは効いている気がする。

「そんなステキ☆女子みたいなこと、私には似合わないわぁ」

と思ってたけれど、こりゃ、いいよ。

 

身体の緊張って、なかなか取れないじゃない?

力を抜くって、どうするの?

 

ヨガは、ポーズをしながら身体の調整をする、という考えみたいで。

緊張と弛緩、

ぎゅーっと力を入れた後に息を吐くと、力を抜きやすいんだよね。

 

脳みその疲れを取るには、アロマやお香など、香りが助けてくれるんだって。

香りはダイレクトに脳に届くらしいよ。

そして、昔から香りに関わる仕事をしている人は、伝染病になりにくかったりしたそうな。

 

このことを知ってから、あ、やばい、風邪ひきそう、という時にアロマを使うようにしたら。

まだ一ヶ月くらいしか試してないけれど、1回も風邪をひいてないのよ。

 

ヨガ&アロマ、しばらく続けてみよう♪

 

 

| | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

LIVESTRONG DAY

「LIVESTRONGでは1年に1回、大きなイベントとしてLIVESTRONG DAYというのがあってね。

現在、世界中でがんと闘う2800万人のサバイバーさんへ敬意を表して、

がんと闘った故人に追悼の意を表して、

LIVESTRONGのイベントが世界中で開催されているんだ。

今年、日本では9月30日がLIVESTRONG DAY。

何か、イベントをやってみない?」

えぇ~っ、9月30日、かぁ。

サンライズ磐田 トライアスロン大会に出場するのよね。

ちょっと難しいかも・・・。

ん?

そっか、トライアスロン大会に出ること自体をイベントにすればいいんだ。

 

イベント、と言っても、2人以上集まれば、立派なイベントらしいのよ。

2人・・・

サンライズ磐田でミドルデビューするお父さん、と私、で2人でしょ。

あつみんとナカーノを入れて、4人。

 

こんな感じでも、大丈夫かしら~?

 

そう、これをきっかけに、

周りのトライアスロン仲間にも直接、声をかけてみようかな。

 

ブログやFacebookでは、がんのことを書いたりしてるけれど、

直接、がんについて話したりしたことって、ほとんどないのよね。

 

隠してるわけじゃないし、しゃべらないようにしてるわけじゃないよ。

練習には関係のない話だから、話題にしないだけ、なんじゃないかな。

 

だって、身体の使い方やフォーム、疲労回復の方法とか、

他にもっとしゃべりたいことがいっぱいあるもん。

 

LIVESTRONG DAYをきっかけに、がんのことを話してみようかな。

うーん、だからと言って、自分の話をしてもしょーがない気がする。

伝えたいことは、そこじゃないよね。

 

かと言って、おぉ!という信念があるわけでもないような。

「がんと闘う人を応援しようよ」というスタンスで、いいのかしら?

 

 

Japan for LIVESTRONGについて詳しくはこちら↓

Japan for LIVESTORNG

 

| | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

HAYAMAN 2012_2

Japan for LIVESTRONGのリーダーをしている、ビンジー。

型は違うけれど、同じ血液がんサバイバーなのよ。

 

治療をしながら、仕事や活動をしているビンジー。

会うといつも、パワフル!

一緒にいると元気になれるのよね。

 

Hayaman_2012_02

↑リレーの部で、ビンジーがランニング、私がボートパドル。

 

 

Hyaman_2012_01

 

↑「LIVESTRONGのボードを持った写真を撮りたい!」

とのビンジーからのリクエスト。

 

↓HAYAMANについて詳しくはこちら☆今年のポスターが熱いっ!

http://caf-hayama.blog.so-net.ne.jp/2012-07-22

 

 

| | トラックバック (0)

HAYAMAN 2012_1

スイム、ボートパドル、ビーチラン→→→HAYAMAN

 

個人の部でミラクル!

100Mスイム、200Mボートパドルが終わった時点でトップ。

んが~っ、ビーチランニングで3人に抜かれちゃって、4位。

 

だけど、順位はどーでもいいのよ。

完走した者、みなHAYAMAN!

 

Hayaman_2012_03

 

応援の方との距離が近くて、うれしくてたのしいHAYAMAN♪

 

主催は、チャレンジスポーツを通じて、人と人との絆をつなげ、地域に貢献しようと活動している、チャレンジ・アスリート・ファンデーション。

 

去年のアイアンマン・カナダで代表の彦井さんと出逢ったのがきっかけで、こうして今年も参加。

 

今年は、HAYAMANへの参加費の一部をJapan for LIVESTRONGへ寄付、とのこと。

ランス・アームストロングが設立した、がん基金「LIVESTRONG」を日本から応援しよう!というボランティア団体である、Japan for LIVESTRONG。

 

LIVESTRONGといえば、黄色のリストバンド。

HAYAMANでは、周回回数をカウントする時に選手へ配られたのよ。

 

で、Japan for LIVESTORNGのリーダー、ビンジーとは4月にあった、東京ベイブリッジでのイベントで出逢ったのよね。

 

なーんか、うまく説明できていないね、わかりにくくてごめんなさい。

 

要するに今回HAYAMANへは、彦井さんや葉山の友達、

ビンジーをはじめ、Japan for LIVESTRONGの友達に会いに行ったってことね。

 

 

| | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土)

三浦半島の先っちょ

明日、神奈川県葉山町で行われる、HAYAMAN。

去年に続き、今年も参加。

今日は移動日。

 

どっひゃー、さすが3連休初日。

高速道路が混みまくりんぐ。

家を出て3時間経つのに、まだ三ケ日!?

 

と思いきや、新東名に入ると、流れに流れて。

何とか日没までに三浦半島の先っちょ、城ヶ島に到着。

 

Photo

 

↑この写真、太陽の右横、雲の上に

ちらっと富士山の頭が映っているんだけど、わかるかな?

 

| | トラックバック (0)

2012年9月13日 (木)

右は左、左は右

ヨガレッスンのテスト。

一ヶ所、順番を間違えてしまったけれど、雰囲気で押し切れた?かな。

 

動きを伝えながら、しゃべるのって難しい。

レッスンは対面、右が左になって、左が右になるんだよね。

脳みそ、フル回転だぁ。

 

合否の結果は来週のおたのしみ。

どきどき。

 

| | トラックバック (0)

2012年9月12日 (水)

どっかーん

うぉ〜っ、今日になって、やたらと眠いzzZ


今月末に模試があって、勉強したいのに。
明日、ヨガレッスンのテストがあって練習したいのに。


んがー、ダメだぁ。

こういう時は、潔く寝るっ!!

| | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

生きる、ということ

闘う相手は、病気ではなく、自分自身


事実はただ、起こっただけ
物事に意味を付けているのは、自分自身


不安と闘うために生きているんじゃない

自分の人生を生きるために生きている


死ぬのが怖い?

死ぬのが怖くなくて、
どう命を輝かせることができるだろう。


いつでも「生きること」
そのものをあきらめないでいたい


☆☆☆

今日で31歳、ありがとう


| | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月)

ふくちゃん

今年のRFL芦屋も、たくさんのステキ☆な出逢いが。

 

キャンドル・ラン終わり際、

「背中に "骨髄バンク ドナー登録&献血にご協力お願いします

生きるチャンスを広げたい" と書いていますよね。

なぜ、そう書いて走っているんですか?」

そう声をかけてくださったのが、ふくちゃん。

 

「おりちゃんは、血液がんサバイバーなんですね。

実は僕、白血病の治療中ですが、トライアスロンやトレイルランをしています。」

 

「えっ?ほんと??

声を掛けてもらえて、うれしいですっ!」

初めて直接、血液がんサバイバー・アスリートの方との出逢い。

 

なんと、ふくちゃんは、治療しながらもトライアスロンやウルトラマラソンをされているとのこと。

治療のために病院まで、通勤ランニング、ならぬ、通院ランニング。

 

通院ランニング!?

初めて聞いたぞ、ふくちゃん、すごいっ!!

 

「白血病と診断されて、じーっとしていたのは4日間。

それからは、走り続けています。」

 

動けているうちは大丈夫なんだ、という感覚。

がん治療していない人よりも動けるんだ、と感じられることで、

自分は大丈夫だ、と言い聞かせる。

 

そうそう、今回、取材を受けている中で何度も訊かれた質問。

「どうして走るんですか?」

 

「走ることは生きること。

生きている、という瞬間を味わえるから、でしょうね。」

こう答えた私。

 

実際、がんサバイバーさんの中に、もともとは走るのが嫌いだったのに走り始めた方も多く。

人生、行き着く先はマラソンなんだろうか?

 

ふくちゃんと話していると、「あぁ、わかる~っ」ということがいっぱい。

 

ふくちゃんが、がんばれる理由。

トライアスロンのコーチ、仲間との出逢いがふくちゃんを支えているそう。

 

私も同じだよ。

「周りにいくら抜かされてもいいから、自分には負けないこと。」

私の人生を変えた言葉をくれたのは、トライアスロンのコーチ、てっぺーさん。

 

そして、トライアスロン仲間がいてくれたから、宮古島やアイアンマンを完走できたと思うもん。

 

ふくちゃんも素敵な仲間に囲まれて、練習しているそう。

 

「来週末、ウルトラトレイル110kmの大会に参加してきます。

去年は、途中の関門で引っかかっちゃったので、今年こそ完走したいですね。」

 

ふくちゃん、応援しています!!

エネルギーを、生きる希望をいっぱいありがとう☆

 

 

| | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

ありがとう

途中、アクシデントがありつつも。
12時間のフィニッシュを無事に迎えることができました。

応援をしてくださり、ありがとうございます!!


RFL芦屋へは今年で5回目。
行く度に変わっていく気持ち。


やっと素直にいろんなことを受け入れられるようになったかなぁ。

「がんと闘う力は 人との繋がり」
ジメさんの言葉にようやく、うん、と素直にうなずけるようになってきたよ。


今回、今までとは違って、トライアスロンの視点からでなく、
がん、そのものの視点からのテレビ取材を受けて。

この8年を振り返るとってもいい機会をいただけました、
ありがとうございます!!


昨日17時のオープニング、夜8時からの12時間のキャンドル•ラン、
今日10時のフィナーレを迎えた後。


グランドのど真ん中で、8年分、泣いた。

| | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土)

キャンドル•ラン


今夜8時半〜明日朝8時、RFL芦屋のキャンドル•ランを走ります。

チャレンジを通して、チャリティーをする、Just Giving にエントリーしています。

「単独12時間マラソン@RFL芦屋でがんチャリティー」
http://justgiving.jp/c/8403

応援をよろしくお願いします!!

| | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

Keep on smiling 3

こうして取材を受けるたびに思うのが、何度も言うように。

 

『支え、応援してくださる方へ "ありがとう" を

同じ病気、がんと闘う方へ "生きる希望" を伝えられたら』

 

私の手元から離れていったことは、どうしようもない。

読んだり、見たり、聴いたり。

どう感じてもらえるか、を決めることもできない。

 

ただ、自分の伝えたい想いを持って動くしか、私にはできない。

 

プラスに捉える方もいる、マイナスに捉える方もいる。

どう感じるのかは、その方次第。

 

ただ、どこかでどなたかの力になれるかもしれない、と信じて進むしかない。

 

 

 

| | トラックバック (0)

Keep on smiling 2

「覚悟してください、そういうようなことを言われました」

 

そうだったの?知らなかった。

テレビ取材中、お母さんの口から出てきた言葉にびっくり。

 

「妙に顔が浮腫んでいない?」

近所の総合病院へ行って検査をした後、お母さんだけが呼ばれて。

 

「かなり病気が進行しています、難しいかもしれません。」

 

すぐにお父さんへ連絡、二人で大泣きしていたんだって。

その頃、別の部屋で待っていた私。

そんなことも知らず 「早く帰りたいな、巨峰、食べたいなぁ」

 

私の所へ来たお母さんは、普段通り。

「もう少し詳しく検査する必要があるんだって。

大きな病院へ行くことになりそうだよ。」

 

そして、いろんな繋がりがあって、主治医:おかもっちと出逢い。

全部、本当のことを知りたい、と、お願い。

直接、おかもっちから病気のこと、治療のことをお父さんと一緒に聞いたんだっけ。

 

その時は「あと、どのくらいです」みたいな話はなくて。

完治、完全寛解の可能性は低いかもしれないけれど、

部分寛解ならいけそう、っていうようなことを聞いたっけ。

 

具体的に%パーセント、を聞いたんだけど・・・むーん、忘れちゃった。

 

まず、抗がん剤を中心とした化学治療をして、

必要に応じて、放射線治療、自家移植、骨髄移植、としていきます、とのことだった。

 

結局、化学治療+放射線治療、でストップして、まるっと8年。

肝臓や脾臓など、一部臓器が大きくなったままの部分寛解。

 

だからさ、求めてもたどり着くことのない完治を追い求めると、それはそれでしんどいじゃん?

そもそも、完治することが、私の人生なの?

 

違う、どうしていきたいか?が大切なんだ。

 

それにしても。

お母さんから「知らなかったこと」「当時の心の内」を聞いて、じーん。

お父さんにしても、お母さんにしても、泣いてるところは見たことない。

むしろ、笑ってばっかりだったもん、あの頃。

二人の姿勢に 「ありがとう」 だよね。

 

知らなかったことを聞く、いい機会をありがとうございました。

 

 

| | トラックバック (0)

Keep on smiling

関西のABC放送からの取材。

 

「まずは家の中でインタビュー、その後、外へ。

走るところ、夕食の場面を撮りましょう。」

 

えっ?走るところ?

うげげげ、私、走り方が変なんだけどなぁ。

 

外での撮影は、ホームグランド!の三好池へ。

三好トライアスロンクラブの練習場所。

ここから私のトライアスロンが始まったんだ。

こうしてゆっくり振り返ると、コーチ、仲間へ「ありがとう」だね。

 

インタビューは終始、治療中のことが多かったような。

うーん、あんまり覚えていなくて。

しかも、覚えているかと思えば、あっぱかぱーで、悲壮感がなくて、ドラマ性がなくて。

ひゃーっ、ご期待に沿えず、ごめんなさい。

 

それなりには私自身、いつもの元気なおりちゃん!はちょっと抑えて、

自分の中で出したくなかった面を出してみようとは意識してた。

 

できるだけ、本音で。

 

だけどね、ちゃんと言えなかった気がするの。

一番、伝えたかったこと。

『支えてくれる、応援してくださる方へ "ありがとう"を

がんと闘う方へ "生きる希望" を伝えたい』って。

 

言えていなかったとしても、伝わればいいなぁ。

 

ちょっと待てよ、治療中の方へ伝えられること、私にあるんだろーか。

それぞれの生き方があって、いいと思うんだ。

 

乗り越えなくたって、いいんだよ。

乗り越えたくなかったら、ね。

乗り越えたくなったら、その時に乗り越えようとすればいい。

 

恨み辛み言いながら治療するのもいいし、

目標を持って治療をするのもいい。

「自分は、どう生きたいんだろう?」

 

がんであれ、がんでなかれ。

治る、治らない、関係なく。

 

「今、自分がしたいこと、できることは何だろう?」

 

それぞれが考えて、動くことが大切なんじゃないかな?

 

『自分の人生を生きること』

 

だけど、それって、しんどくもあり。

仲間が、人との繋がりが、救いになったり、エネルギーになるんだよ。

 

がんチャリティー・イベントRFL(リレー・フォー・ライフ)は、

がんサバイバーさんとの出逢いの場所、エネルギーをいただける場所。

 

RFL芦屋に初めて参加した5年前。

状態はどうであれ、元気ながんサバイバーさんのいっぱいの笑顔と出逢って、

「私もあんなふうになりたいな」

「ひょっとしたら、もっと長く生きられるかもしれない」

生きる希望をいただいたんだ。

 

そして、少しずつ前へ進もう、としてきて、今がある。

 

さーて、自分の人生、どう生きたい?

 

 

| | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

伝わるかな?

今週末にある、がんチャリティー・イベント、RFL芦屋を番組で取り上げる、ということで。

明日、関西からテレビ局の方が取材に来てくださることに。

 

わーん、闘病中のことなんて、覚えてなーい。

22歳で診断されてから、まるっと8年。

 

当時の頃のことは、闘病中に作ったHP、

Muchas Gracias おりちゃんのサイト」に書いた記憶があるけれど、

んー、これを読み返す?

 

治療中、トライアスロンをする、と決めた時から心にあるもの。

 

『支えてくれる方へ "ありがとう" を

同じ病気、がんと闘う方へ "生きる希望" を伝えられたら』

 

治療が進むにつれて

「もう、泳いだり走ったりできないのかな?

そんなんだったら、生きてる意味ないじゃん。」

 

「いや、泳ぐ、走る、その前に。

私はあと、どのくらい生きられるんだろう?」

 

生きる希望がないほど、孤独になるものは、ないから。

 

形や表現はどうであれ、

どこかのどなたかへ想いが伝われば、それでいい。

 

 

| | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

スタバで昼寝

レッスンとレッスンの合間にスターバックスへ。

 

試験勉強の本を広げた途端、ものすごい眠気。

あれ?

今、寝てた?私?

 

周りを見ると、心配そうに見つめる店員さんと目が合って。

慌てて「大丈夫です」のサイン。

 

コーヒー飲むと寝れない、なーんて、ウソでしょ。

スタバで、よく寝ちゃうんだよね。

 

ただ、どこでも寝れるだけ、なのかもしれない・・・。

 

 

| | トラックバック (0)

2012年9月 3日 (月)

岩盤浴でマンガ

マンガを読みながら入れる岩盤浴がある銭湯へ。

汗がガーッと出てきても 「うー、後少しで1冊終わる!」 

あぁ、しっかりいい汗かきすぎてる。

 

「キャット・ストリート」

フリースクールを舞台としたこのマンガ、好きなのよねぇ。

 

「自分で自分をしあわせにしなさい」

 

っていうようなセリフがあるんだけど、毎回、じーんとしてしまうのよね。

 

変えられるのは、これからの自分。

 

どう、生きたいかな?

 

岩盤浴でつい、ハートも熱くなっちまうぜ~♪

 

 

| | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

時間を追う?追われる?

あいたたたたのた

背中、ハムストリング、太もも後ろの筋肉が痛ーいっ。

ヨガレッスン研修で、
まさかの3時間!!ぶっ続けヨガ。

おかげで、身に染み付いたぁ。


いたたたた、と言いながら、
試験勉強、これまた、1日ぶっ続け。

| | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

海の写真

「再発告知、頂いちゃいました」

がんサバイバー•トライアスリート、カツオさんからのメール。

2年前にがんと診断されてから封印していたサーフィンへ行ってきました、と、きれいな海の写真と一緒に。

読んだ瞬間、くやしくて涙。

だけど、1番しんどいのは、カツオさん自身。


私は何をしているんだろう。


再来週の外来診察の時、病棟へ会いに行きますね。

きれいな海の写真をありがとう☆

生きるために闘うカツオさんからパワーをいただきました、
私も負けないよーに、がんばりますっ!!

| | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »