« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月24日 (日)

たとえ潰れても

明日から3/5までのシカゴ行き。

 

たとえ、荷物が増えようとも、枕だけは外せない。

枕さえあれば、段ボール布団でも寝られるからね。(←経験済み)

 

いつもの如く、枕はスーツケースの半分を占領。

Makura_3


寒くて走る気力が湧かないかもしれないけれど、

その土地と仲良くなるには、ランニング♪

って、ことで、ランニングシューズも欠かせない。

 

んー、なんだか、トライアスロン大会へ行く時よりも荷物が多いような・・・。

 

 

| | トラックバック (0)

2013年2月23日 (土)

どこでジョミ?

Jomi_3

この間の三好池いいじゃんマラソン大会の参加賞に入っていた

「ここでジョミ」

 

噂には聞いていたんだけど、食べたことがなくて。

レースでも使ってみたいな、と、猿投山でお試し。

 

「どこでジョミしよう?」

雪の写真を撮るのに夢中になっていて、ジョミのこと、忘れてた。

 

「ここでジョミ、してみよう。」

パワー○ェルよりも、さらっとしてる。

 

ん?

「ミーン、ミンミンミーン」

セミの声が聞こえてきたぞ、こりゃ、夏の畳の味(食べたことないけれど)。

 

寒い冬のトレーニングにいいかも、これ。

暖かい気持ちになれる♪

 

あっ、そういう目的じゃないよね、これ。

雪道がたのしくて補給をすっかり忘れてた、ハンガーノック気味から復活☆

 

今度はどこで、「ここでジョミ」しよっかなぁ?

 

 

| | トラックバック (0)

思わぬ景色

3月の六甲縦走キャノンボール大会へ向けて、トレイルランニング練習をしよう!

車で20分ちょっとの猿投山へ。

 

駐車場には、車がいっぱい。

こんなに寒いのに、山登りをする人たちがたくさんいるのね。

 

登山道へ入っていくと、あれ?上からぱたぱた落ちてくる。

初めは水滴だったのが、雪になり。

道のあちらこちらに、ちらり雪。

 

Sanage01_3


登り進めていくと、さらに雪。

 

わーい♪

なんだか、たのしくなってきて、スピードアップ。

 

走り慣れている道も雪があるのとないのと、雰囲気がガラリと変わるのね。

 

Sanage02_4

 

そして、頂上。

 

Sanage03_2

 

初めてノルディックポールを使っての猿投山。

持っていてよかったぁ、滑り知らず。

 

このノルディックポールは、一番長くコース上にいた(7時間25分、つまり最終ランナーね)ということで。

去年の御嶽山スーパートライアスロン大会で敢闘賞としていただいたもの。

 

「このポールを使って練習して、強くなって御嶽山へ戻ってきてね」

 

ハイッ、強化作戦、ばっちり進んでいます☆

 

 

| | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

時手紙02-未来へ向かって

「おりさん、時手紙って聞いたこと、あります?

出した手紙が10年先まで、好きな日付に相手に届く、というものなんです。

愛知県蒲郡市の竹島近くで受付してくれますよ。」

 

初めて聞いたなぁ、時手紙。

明治村で5年後か、10年後、に届けてくれる手紙を出したことはあったけれど。

日付までは指定できなかった覚えが。

 

「僕、家族へ向けて、毎年誕生日に届くように手紙を書こうと思っているんです。」

と、カツオさん。

 

「時手紙の制度を必要としている人は、たくさんいるんじゃないか、と、今ならわかります。

もっと広がればいいですよね。」

 

時手紙・・・愛知県蒲郡市の観光協会で受付されているそう。

詳しくは、こちら

http://www.city.gamagori.lg.jp/unit/kankoshoko/bungakukan-tokitegami.html

 

家の中の整理なども進めている、というカツオさん。

「しっかり準備したら、少しでも安心して治療を受けられますね。」

 

 

 

未来へ向かう 今を生きて

今を生きる積み重ねが 未来へ向かう

 

 

| | トラックバック (0)

時手紙01

入院中のがんサバイバー・アスリートのカツオさん。

黄色のLIVESTRONGリストバンドを渡すため、病院へ向かうと。

 

あらら、駐車場がなくなってる、工事中?

カツオさんが治療を受けている病院は、偶然にも私と一緒。

 

2年ほど前だったかな、

カツオさんが私のブログを見つけてメールをくれたんだよね。

それから、ちょくちょく連絡を取り合ったり、こうして会ったりしていて。

あ、カツオさんのことは、このブログにも何回か、書いたことあったね。

 

私が自分の気持ちに正直になって、素直に受け入れられたのは、カツオさんのおかげ☆

カツオさんの話を聞いていると、いつも大切な何かを気付かされるんだ。

ありがとう。

 

Over Cancer Together -共にがんを乗り越えよう

LIVESTRONG -自分らしく 生きていこう

 

With_katsuosan_3

 

| | トラックバック (0)

大丈夫ッス!!

頭があったかくなると,眠たくなるのかなぁ。

 

美容院で遠赤外線トリートメントをしてもらっていたら,強烈な眠気に襲われ。

挙げ句の果てには,髪の毛を乾かしてもらいながらも,頭が右往左往。

 

ぼーっとしながら,帰ろうとすると

「気をつけて帰ってくださいね」との美容師さんの言葉に,

突然,大きな声で 「大丈夫ッス!」

 

はーっ,たまげた。

自分の出した大声で目が覚めた。

 

しかも,大丈夫です,じゃなくて,大丈夫ッス!って・・・。

びっくりするわ,もんとに,ほー。

 

 

| | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

輪編み

年末にマフラーを編んだ毛糸が一玉、まるっと余っているのを発見。

ニット帽子を作ろうと、初めての棒針での輪編み。

 

あかーん、輪にならなーい。

 

棒針を3本使って、三角形にしたものを輪になるように編んでいくんだけど。

作り目がぶっ飛んだり、スタートを間違えたり。

 

輪編みをするには、カギ編みの方がいいのかな。

 

んー、寒い時期が終わる前に作り終わるのかしら、ねぇ。

 

 

| | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

感覚マヒ

どっひゃー!!

先週末のマラソン大会で42km走って、今日22kmを走ったの?

父(もうすぐ58歳)・・・す、すごい。

 

「だって、知多半島100kmマラソンまで、あと2ヶ月半でしょ。」

に、しても、びっくり。

 

「走るのが、たのしいみたいだよ。」と母。

 

一方、私はこの一週間、ぼけーっとしていて、何もしてないよ。

あっ、一日、ノルディックポールを使って、近所のトレイルコースを散歩したっけ。

 

よくトレイルランナーがノルディックポールを使って走っているでしょう。

あれ、何にいいんだろ?

両手足の連動がぎこちなくて、いまいち、使いこなせてない気がする。

 

ほら、3月末に六甲山縦走キャノンボール大会に出る時に

ノルディックポールを使ってみようと思って。

 

それにしても、距離に対しての感覚がだんだん麻痺してきた、のか。

「毎月、フルマラソン大会に出ているよ。」

そう言っていたウルトラマラソンの師匠たちの話に、驚いていたのが。

いつか私もできるかな?に変わり、気付けば、私も走るようになってた。

 

お父さんも、いつかはフルマラソン大会に出たい!というところから、

100kmマラソン大会に出たい!気持ちに変わってきてるみたい。

 

ただ、師匠たちみたいに毎月のように100kmマラソン大会を走るには、

まだちょっと遠いかなぁ。

 

 

Backmessage01


↑この間のマラソン大会での写真(ナカーノ撮影)

 

「☆骨髄バンク☆

ドナー登録&献血にご協力お願いします

-生きるチャンスを広げたい-」

 

 

| | トラックバック (0)

2013年2月14日 (木)

メッセンジャー40号

おぉ!ついに届いたっ。

 

Messenger02

↑命のマガジン「メッセンジャー」40号↑

 

ちょっと前にも書いたように、掲載してもらうのは2年前に続き、2回目。

今回は、表紙の写真を飾らせてもらったのと、6ページの手記。

 

「がんサバイバー・アスリートとして-出会いは人生の宝物」

 

ただ今、絶賛!?発売中♪

 

↓詳しくはコチラ↓

編集長である、杉浦貴之さんのWebサイト

http://www.taka-messenger.com/

 

にしても、書いたりしたのに、こうして見ると。

ひょーっ、恥ずかしいね。

 

ふと、思った。

私、がんばっているように見えるのかな?

 

どうしてもね、どこか突っ張っているんだよね、あー、やだやだ。

弱くもろいところ、隠そうとしてるのかしら。

 

そんなことを考えていたら、思いついたこと、書いてみるね。

 

-------------------

泣いてもいいじゃん

「どうして?」と叫んでもいいじゃない

自分の気持ちに素直にいこう

 

頑張る、と書いて、頑なに張る

そんな、ピーンと張らなくてもいいんだよ

自分の気持ちに素直にいこう

 

気持ちを素直に感じること、と

どう行動するのかを決めるのは、別のこと

いいか、わるいか、それは、自分が決めるんだ

体は自由にならなくても、心はどこまでも自由に飛べる

自分の気持ちに素直にいこう

 

泣いても 叫んでも 怒っても 笑っても 何だっていいじゃん

ただ、どんなときも 生きること そのものをあきらめずにいよう

 

LIVESTRONG -自分らしく 生きていこう

 

 

| | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

LIVESTRONG、だよ

42.195kmのフルマラソンの部にお父さん(57)と参加。

 

↓この写真、ナカーノが撮影してくれた中で、特に好きな一枚↓

 

Finish01_3
 

 

「父娘ゴールだね。

ほら、LIVESTRONGリストバンドをしているよ。」

右端に写っている腕は、トライアスロンクラブのコーチ。

 

とってもうれしかった瞬間☆

 

 

| | トラックバック (0)

Japan for LIVESTRONG in 三好池いいじゃんマラソン

ご協力をありがとうございました!

 

Jpls_aichi_10feb_01_6


LIVESTRONG -生きることを あきらめない-

 

 

| | トラックバック (0)

2013年2月 4日 (月)

好きなものを 好きなときに 好きなだけ

「無理するのと、真剣にするのは違う」

 

あれ?

どこで聞いたんだっけ、この言葉。

 

さっき、歯磨きをしていて、ポッと頭に浮かんだの。

 

さらに、顔を洗いながらね、思ったのがさ。

「病気を治すために、健康になるために生きているの?」

 

治らないと、自分の人生は生きられないの?

じゃあ、今、ここにいることは、どうなるの?

健康になって、どうするの?

健康にならないと、いけないの?

 

治るまで、自分の人生はどこかに仮置きのような感覚。

ちょっと前までの私にも、あった。

 

だけど、私は、これから先もずーっと。

治ったかどーか、わからない状態(部分寛解)と知って。

 

「治ること、健康になること、って、ひとつの状態。

状態がどうであれ、その時にしたいこと、できることをしたいなぁ。

今、ここにいられること、そのものを大切にしよう。」

 

そう、好きなものを 好きなときに 好きなだけ。

 

いいんだよ、

「なんで自分だけ、こんな目にあうのー!」って

叫びながら生きていくのも。

病気になると、突然、悟りを開いたり、聖人君子になるわけじゃ、ない。

 

「くっそー!悔しいっ」

そう言いながら、この世界とさようならするのも、素敵。

 

自分の気持ちに素直になろうよ。

 

泣いてもいいじゃん

怒ってもいいじゃん

ぐーぐー寝るのもいいよね

笑っても、もちろんいいのよ

 

プラス思考?マイナス思考?

どっちだって、構わないさ

 

思っちゃいけないこと、

思わないといけないことなんて、何もない。

 

体は自由にならないかもしれない、

だけど、心は自由なんだ。

 

LIVESTRONG -自分の人生を 思うがままに生きていこう

 

 

| | トラックバック (0)

Messenger 40号

わーい♪

命のマガジン「メッセンジャー」

40号の表紙を飾らせてもらうことに。

 

M40


この日は、雲ひとつない晴れ。

雨上がりだったこともあり、透き通る青空。

ひろみんから「これって、合成写真なの?」と聞かれたよ。

ほんとだ、空がきれいすぎて、合成っぽいね。

いえいえ、そのまま生写真だよん。

 

へへへ・・・Tシャツの下には貼るホッカイロだらけだけどねっ。

 

がんサバイバー☆シンガーソングランナーの杉浦貴之さんが編集長の

命のマガジン「メッセンジャー」

40号について、詳しくはコチラ

http://www.taka-messenger.com/

 

 

| | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »