« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月29日 (水)

ミラクル♪

「私は大丈夫!」作戦☆

今までミラクルを起こしてきた私。
何もしなくても回復するんじゃないかな?
いや、するでしょ。
もうすでに、してるでしょ。

根拠のない自信がムクムク。

すると。
キターーーー!!

本当に回復してきた。
ビックリ。

「検査結果の数値からすると自然には戻る可能性が…」
とか、なんとか言われたけれど。

なんとか、なったりすることもあるんだなぁ。

ヨガと呼吸と周りの協力や愛と
私の内側から出て来た根拠のない自信のおかげ。

みなさん、ありがとう☆
そして、
私の体、ありがとう☆

| | トラックバック (0)

2015年4月24日 (金)

彩る世界

物事は ただ 起こる
意味も 何もなく

あるのは その物事に
色を塗った 自分

起こること
どんな色で塗るか 自由なんだ

誰かが すること
何かが 起こること
そのものに 色はない

どんな風に 世界を見たい?

| | トラックバック (0)

2015年4月16日 (木)

たまげた

すごーい!!
がんサバイバーだっていうことで、差別を受けることもあるんだね。

これまでも、ちょこちょこ気のせい?
受け取る私側の勘違いかなぁ?とか、
深く考えすぎかな?などと感じたことはあったけれど。

ここまで決めつけられて、痛めつけられるのは初めてだよ、うん。

ふむふむ。
こういうこともあるんだねぇ。

んー。
同じ事が起きても反応は人それぞれだから、
私の身に起こったことがどうなのかは、わかんないけれど。

いずれにしても、
私は私自身に誇りを持って生きていくしか、ない☆

| | トラックバック (0)

2015年4月14日 (火)

今を生きる

3月からホットヨガを始めたところ。

体調が良くなってきたのはもちろん、気楽に気持ちよく毎日を過ごせるように♪

瞑想のクラスや呼吸のクラスを受けるようになって「今」に集中することを知ったのよ。

 

 

人間は、無意識、意識に関わらず、いろんなことを頭で考えているそう。

それらの8割方は今、どうすることもできない、過去のことや未来のことを考えて落ち込んだり、怒ったり不安になったりしてるんだって。

少しの時間でも頭の中を空っぽにすることが心の平穏に繋がっていくみたい。

 

ヨガって、最後にする、大の字になるポーズ(屍のポーズ・シャバアーサナ)のために様々なポーズをするそう。

そこでいかに身体の力を抜けるか、が大切なんだってさ。

 

そのために意識するのは自分の呼吸。

 

これ、初めて気づいたこと。

私、呼吸が浅いわぁ。

吐く方を意識しながら深く呼吸をしていくと。

身体中の血液の巡りが良くなって、じわーん。

細胞に酸素と栄養が渡されて、身体が喜んでいるのを感じるのよね。

 

車の運転中、ふとした時、身体に意識を向けると。

無意識に肩に力が入っていたり、がんばろう!とガチガチになったりしてる。

深呼吸を3回入れるだけでも、細胞が元気になって身体の疲労が取れていく感覚。

 

現代生活は、身体を硬くする要素に溢れてる。

力を入れるほうが、力を抜くことより簡単なのよね。

がんばる!ことの方が、リラックスすることの方が難しいのかも。

 

仕事で施術させていただいていても

「力を抜くことが難しいです」

「力を抜いているつもりなのですが・・・入ってしまいます」

力を抜くことは普段、意識しないとなかなかしないよね。

 

私自身も、つい最近まで

「ハイ!私、がんばってます」という雰囲気バンバン出ていたと思うもん。

"がんばることが、良いこと"

"考えることが、良いこと"

そう思ってた。

 

もちろん、そういう部分も大切かもしれないけれど。

ほら、ラケットを振るとき、バットを振るとき、ボールを投げるとき。

身体に力が入っていたら、ボールは飛ばないし、ケガしたりしやすくなるよね。

 

できるだけ力を抜いて、リラックス。

元気でいられること、健康でいられることの秘訣をヨガを始めて感じていること。

 

そして 「今を生きる」

不安や悩み、怒りなど・・・来るかわからない未来のことや、過去に起こったことをぐるぐる考えると出てくるもの。

「今」にフォーカスすると、自然とそれらは消えていくんだよね。

 

とは言え、できるときとできないときがあって。

そんな時は

「あぁ、今、こう考えているんだな」

「こう感じているんだな」

「こだわるほど、何か私の中で消化できないものがあるんだな」

 

ふむふむ、と観察。

そして「あはは。そうなんだ。感性豊かだなぁ。」と笑い飛ばす。

するとふわーっと消えていく。(私の場合は、ね)

 

「物事はただ、起こる。

それに対して自分がどう感じて、どう捉えるか。」

もちろん環境や状況の影響は大きいとは思うけれど、その影響を受けているのは自分自身。

 

自分の中の基準でジャッジをして感情を選び、

次の行動、笑う、泣く、悲しむ、怒る、を選んでいる。

 

ま、ちょっと長くなってきたから、今日はここまで☆

 

"幸せ"や"喜び"は どこかにあるんじゃなくて

自分の中にもう、すでにあるんだよ。

 

 

| | トラックバック (0)

2015年4月 9日 (木)

アレコさんとミーティング

5/16(土)に予定している、Japan for LIVESTRONG day in 東海に向けてミーティング♪

Jpls0409

事務的な手続きや当日の流れなど、軸となる部分をサポートしてくださる、アレコさん。

イメージやアイディアはバーン!と出すものの、あっちこっち抜けている私。

とっても助かっています、ありがとうございます!!

 

当日のことを考えているだけで、ワクワク&ニヤニヤ☆

 

 

| | トラックバック (0)

2015年4月 7日 (火)

ワークショップのお知らせ

Jplstokyo01_2

Jplstokyo02

 

5月17日に、がんサバイバー向けのワークショップが東京で行われます。

Japan for LIVESTRONGの東京メンバーが開催します。

お近くの方、ご興味がございます方、足を運んでいただけたら、幸いです。

 

詳細はコチラ↓

--------------------------------

セカンドオピニオンの受け方、恋愛や性、就労、自己ケア、周りとのコミュニケーション、そしてスピリチュアルケアについて、それぞれのグループになって、想いを出し合います。出た想いはPLSやスポンサーによって社会に発信する予定です。(お名前が出ることはありません)

ワークショップ以外にも、資生堂の講師による無料メイクアップ(脱毛中の眉毛の描き方、色素沈着のカバー方法)がお試しいただけるほか、グリーフケアの伊藤先生による「がんをどう乗り越えるか」など素敵な講演がもりだくさんです。

サバイバーさんを中心に、ご興味のある方はぜひお越しください。

 

<日程>

5/17(日曜)

13:00 受付開始

13:30 ワークショップ開始

15:30 講演『がんをどう乗り越えるか』

16:30 講演 乳がんサバイバーの体験談

講演 小児がんママ「子どもたちが教えてくれたこと」

資生堂のメークブースはイベント中いつでも自由に立ち寄り可能。

☆詳細は2枚のチラシをご覧ください。

☆申し込み・問い合わせはお気軽に support@japanforlivestrong.org までお寄せください。

 

<場所>

東京オペラシティ―タワー50階 株式会社テルモ内

 

 

| | トラックバック (0)

出演者、スタッフ募集♪

出演者、スタッフ募集♪

10月18日に名古屋市東文化小劇場にて公演の出演者、スタッフをまだまだ募集中とのこと。

興味がある方、ご連絡くださいませ♪

詳しくはコチラ
チャンスプロジェクト実行委員会
http://chanceproject1018.boo-log.com/

実行委員会のアイさんと久美さん方が演劇を通して骨髄バンク普及啓発活動をしていきたい!
との想いで立ち上げたそう。

アイさん自身、骨髄バンクを通して骨髄移植を受けたサバイバーさん。
今では仕事をしながら、活動をされていて。
かわいらしい姿からは想像できないほど、パワフル!!

いっぱいエネルギーをいただいています^ ^

「生きるチャンスを広げたい」と活動されている

あいち骨髄バンクを支援する会(あいちの会)について詳しくはコチラ↓

http://www.aichi.eei.jp/

10月の公演は私も参加させていただく予定☆

出演者、スタッフ募集♪

↑説明会での1コマ

これからがたのしみ~♪

| | トラックバック (0)

2015年4月 5日 (日)

桜満開☆のち雨続き

桜満開☆のち雨続き
桜満開☆のち雨続き

近所の公園でお花見☆

マレットゴルフ場の整備をされている、おじ様方。

今年は気づいたら、ぶわわ〜っと桜満開で。
すると今度は雨続き。

今週末、もし晴れたら、
まだ桜散る前であろう、山へ自転車サイクリングしたいな。

葉桜も桜餅っぽくて、いいかもね♪

| | トラックバック (0)

2015年4月 1日 (水)

泣いて 笑って 誇りをもって

振り返ると不思議。

あらら、自分の中で大きかったことが小さくなってる。

 

そうか。

こだわっていたのは子どもを授かれるか、どうか、の裏側にある、

"これで一人前"というものが欲しかったことなんだ。

 

卵巣機能低下ということを知ってすぐの頃、

私は女性としてどこか欠けているのでは?という感覚があったの。

 

がん治療をしていても長生きすれば、結婚しても文句はないでしょ?

がん治療をしていても子どもが産めたら、結婚しても文句はないでしょ?

そう思っているところがあったのかもしれない。

 

「どのくらい生きられるの?」とか

「子どもは産めるの?」などと言われたこともある。

私はどこか欠けちゃってるのかな?

生きていても意味はないのかな?

そう思ったこともある。

 

だけどね、

どれだけ周りからの評価があったとしても。

ここにいる、そのことが素晴らしく誇らしいこと、なんだと私は思うようになったんだ。

 

ここからは、私の考え中や想い、ね。

 

悲しいことに心無い言葉を掛けられることがあなたにもあるかもしれない。

だけど、ひょっとしたら別の立場だったら、私も同じことを言っているかもしれない。

だからと言って、無理やり前を向いたり、笑って我慢しなくてもいいんだよ。

 

「あぁ、今、私はこう感じているんだな。」

「こんな風に捉えているんだな。」

素直に感じてみることも、たまにはいいかもしれないね。

一人で感じてみることが怖かったり、難しかったら周りにいる人や専門家の力を借りるのもひとつの手だよね。

 

おー!

それでも生き抜いている自分って、凄い!!

いろんなことがあったのにも関わらず、ここにいる自分って素晴らしい!!

 

そう、ここに存在しているだけで、充分価値がある。

何もしていなくても、意味はある。

何もできていないようで、何かできているんだよ。

だって、入院する人がいなかったら病院は潰れちゃうし、

ご飯を食べることにしても、お金を払ってるでしょう。

行き着く先は、お百姓さんのためになってる。

ほら、充分人の役にたってるもの。

生きているだけで、社会貢献できてる。

 

生きていること、そのものが意味であり、素晴らしいこと。

足りないもの、欠けているものなんて、ない。

もうすでに、自分の中にあるんだよ。

 

泣いて、笑って、誇りを持って。

それぞれの人生を それぞれの人らしく 生きられますように。

 

 

| | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »